FC2ブログ

小説目録

※この記事は常に一番上に表示されます。

キス・イン・ザ・ダーク(400字詰換算300頁)
ゴーレムでありながら狂戦士ベルセルクルの魂を秘めたアールと、見習い魔導師レダによる冒険物語。アールの殺戮本能を御するものとはいったい…
キス・イン・ザ・ダーク 2(400字詰換算195頁)
ゴブリンの種族間戦争に巻き込まれたエドゥラの町で、レダとアールは離ればなれに。アールの狂戦士化を恐れるレダと、アールに異なるものを感じた尼僧ソフィとの果てに待つものは…
刻印のフィアンセ(400字詰換算214頁)
胸元の刻印を一族の者以外に見られたら、相手を殺すか結婚しなければならない!掟を守ると誓い冒険に出たキアラだったが、僅か3日目に金髪の青年アルフォンソに沐浴を見られて…
女神、砂漠に萌え(400字詰換算557頁)
人から女が生まれなくなった世界。女を手にする唯一の方法は、百種樹に生る女神を狩ることだった。元剣闘士ヒースは特別な力を秘めた女神エレモと出会い、歪んだ世界の謎に迫るが…
META〔L〕(400字詰換算366頁)※2000年に執筆した作品の校正版です。
人が機械化する奇病が蔓延する世界。ゴバンはドナーとなる白痴の肉体を生む果実を狩って生活していた。だが新たに見つけた少女タイプのドナーには、信じ難い戦闘能力と殺人衝動が…
流刑天使(400字詰換算1243頁)
外界から閉ざされた甲殻都市で育ったジェスは、かつて恋人と共に天界を目指し、その廉で流刑地へと送られた過去を持つ。重い潜水服を着込み、サルベージに従事する日々。そんな男社会にやってきた新入り流刑者は、一見すると少女のように美しい元天使だった。
小天使特攻戦奇譚(400字詰換算337頁)※2006年に執筆した作品の校正版です。
肉体から小天使を飛翔させ、敵直上から急降下爆撃を行うツチ族の存在は、従来の戦争を一変させた。戦時中に数々の武勲を上げながら全滅した女性部隊『スィーツ』唯一の生き残りであり、最高の兵器でもある少女ニコルの近代異聞。
逢魔のキロク(400字詰換算484頁)
健康だけが取り柄の猫好き女子高生巴は、不思議な黒猫に誘われて逢魔郷に迷い込む。成仏を拒み、死すらも諦めない霊魂達の世界で、元飼猫のテブクロ、自らの生命力を具象化した女戦士のようなカゲ、成仏を司る逢魔郷の番人キロクと共に現世を目指すが…
ドラゴンミストレス(400字詰換算365頁)
女ドラゴンマスターを目指す少女セリのドラコニア学園での奮闘記。一見して平和そうに思えた学園生活の裏では学生の失踪事件が相次ぎ、遠方では暗殺事件をきっかけとして、王国にも戦争の影が忍び寄っていた…
アンダークラウド(400字詰換算657頁)
雲海船で貿易商人を営むウォードは、雲下より浮かび上がってきた謎の少女を拾う。少女は世界に数少ない超弩級艦のコアであり、大陸国間の軍事バランスをも変える力を秘めていた。その時から、ウォードは世界を敵にしたコア争奪戦に巻き込まれていく。

エンゲージ・ゲーム 第22話 3本の光

ぎっくり腰をやったり体調を崩したり風邪を引いたりと散々な一ヶ月でしたが、どうにかの小説更新です。
今の状態だとペースを上げることが難しいかもしれないですが、騙し騙し続けていきたいです。

       ・       ・       ・

[エンゲージ・ゲーム 第22話 3本の光]の続きを読む

スポンサーサイト



意外と悪くないボトムズのレトロゲー

定期的に罹患するボトムズ熱の影響で、初代PSのシミュレーションゲーム「装甲騎兵ボトムズ 鋼鉄の軍勢」を購入してプレイしています。

システムは同時代のフロントミッションでも採用された行動ポイント(AP)システムの系列ですが、敵味方の行動が区切られておらず、ターン制RPGでよくある「早い順」なので、ユニットが多くなるとちょっとわちゃわちゃします。
正直この「早い順」に動くシステムは、集団行動である軍隊のシミュレーションには合っていないので残念。戦術の幅が狭まるのもそうですが、せっかくある支援システムによる連携も生かしづらいです。

それでもATを手駒として動かして遊べるTVゲームは貴重だし、外伝ながら世界観も壊していません。アイテムで回復というRPG的な要素を排除し、装甲車などと接することでAPに応じて修理という考え方も良いです。
世界観と併せてトータルで見れば、むしろフロントミッションなどより戦場の感じが出ているぐらいで、さすがに「むせ」の本家を原作に持つだけのことはあります。

今回は攻略本も購入しましたが、地味に分岐が多いマルチエンドで、ミッション数もかなり多くて驚きました。
不器用ながらしっかり作ろうとした感じは好印象。

細かな不満は結構あるけど、ATの「キュイィィィーン」という音だけでむせられるなら全く問題なく楽しめます。
良いゲームに出会えました。

HIGH-MACS Tacticsカテゴリを追加しました

ブログカテゴリに『HIGH-MACS Tactics』を追加しました。
HIGH-MACS Tacticsに関する記事だけ読みたい場合はカテゴリ名をクリックすると古い順に記事を読むことができます。

今まではソロプレイカテゴリの中に入れていたのですが、記事数があまりに多かったため分けた形です。
しばらくはHIGH-MACS Tacticsと小説をメインとしてブログを更新していきますので、今後ともよろしくお願いします。

ガングリフォン・タクティクスからHIGH-MACS Tacticsへ

いったんシナリオ製作はお休みして、現在ルール説明書の製作に取りかかっています。
それに伴い、タイトルをガングリフォン・タクティクス(仮)から、『HIGH-MACS Tactics』に変更することにしました。

今は第三者にルールを説明することが、こんなに難しいのかと頭を悩ませています。
一応、所持しているゲームの説明書を参考にしながらやっていますが、自分がメビウスの輪の中に入り込んでしまったかの錯覚を覚えるほど説明の順番が難しい。

自分にノウハウがないのが一番大きいわけですが、それ差し引いてもね。
そりゃあ、ボードウォーゲームって、内容量の割に値段張るわけだよと、妙に納得です。

一応、出だしはこんな感じで・・・


これ時間かかるぞ・・・

ガングリフォン・タクティクス(仮)ソリティア5

今回でラストです。

■第5ターン


◆第1プレイヤー決定フェイズ
APC軍は3以下のチェックに失敗。既に『攻勢鈍化』状態なので、通常なら第1プレイヤーをPEU軍側に明け渡します。しかしAPC軍プレイヤーはここで『攻勢基準値』を2つ下げて攻勢状態を強行。第1プレイヤーを堅持します。
※ここで第1プレイヤーを明け渡してしまうと、12式改はジャンプする前に敵の射撃を受けてしまいます。そのため今回はこれ一択でしたが、より長いシナリオでは基準値を下げた後の影響を考えねばなりません。攻勢状況の見極めはこのゲームにおいて非常に重要です。
◆APC軍ジャンプフェイズ
ようやくブーストが復活した12式改がジャンプ。ブーストマーカーを緑から赤。上昇中マーカーを機体に置いてそのことを示します。
◆両軍準備射撃フェイズ
バリアント×2の射撃は効果なし。
・APC軍ATM射撃フェイズはキャンセル。
◆APC軍移動フェイズ
12式改はエレファントを上空から仕留めるために隣接ヘクスへ移動。
バリアント×2の防御射撃は、ここでまさかのクリティカル。ダメージ1を追加し、12式改に損害度大マーカーを置きます。12式改の損害はこれで2。耐久値は3であり、あと1ダメージで破壊されてしまいます。
リットリオ、2S6Mによる防御射撃。5本の誘導ミサイルは全て外れ、12式改の電波吸収剤がその力を示して命を繋ぎます。
上記の攻撃でリットリオがまたしても弾切れとなり、事実上この戦いから離脱します。
※誘導ミサイルは弾切れしても2APで換装できますが、戦場での急場の換装という扱いになるため、確率的により弾切れが起こりやすくなっています。
空中ボーナスによりAP無しで12式改が上空からエレファントを攻撃。2発の命中弾でこれを撃破します。(7VP獲得:計34VP)
◆APC軍追加射撃フェイズ
12式改は更にもう1機のエレファントにも襲いかかり、またしても2発の命中弾でこれを撃破。この段階で40VPを越え、またPEU軍はこのターンにおける攻撃手段を失っており、APC側の勝利が確定します。(7VP獲得:計41VP)
※作戦行動時間に不安を抱える12式改ですが、やはり上空からの120mmはエレファント相手には非常に有効です。12式の105mmではなかなかこうはいかなかったかもしれません。

雑記:
以上、最終の第6ターンを待たずにAPC軍の勝利となりました。
この後も一応最後までプレイしてみましたが、12式改は無事生き残り、更にレオパルト3を1ユニット破壊して4VPを積み上げて計45VPでのフィニッシュ。この形でのテストプレイとしては最高記録でした。
ただ今回のプレイを経て、移動部隊もAPがあれば射撃ができた方が面白いのではないかと思い、検討中です。
そうなると12式改が地上に降りた際にはエレファントの140mm砲が脅威となるでしょう。

しかしルール変えるとなったら今回のプレイはやっぱり素材にできないなぁ・・・


きむらひろき最新刊書籍の御案内

『たまねぎたまちゃん』
(赤塚不二夫/作画協力きむらひろき)
JAグループの子供雑誌「ちゃぐりん」にて連載中!

最新記事

カウンター