小説目録

※この記事は常に一番上に表示されます。

キス・イン・ザ・ダーク(400字詰換算300頁)
ゴーレムでありながら狂戦士ベルセルクルの魂を秘めたアールと、見習い魔導師レダによる冒険物語。アールの殺戮本能を御するものとはいったい…
キス・イン・ザ・ダーク 2(400字詰換算195頁)
ゴブリンの種族間戦争に巻き込まれたエドゥラの町で、レダとアールは離ればなれに。アールの狂戦士化を恐れるレダと、アールに異なるものを感じた尼僧ソフィとの果てに待つものは…
刻印のフィアンセ(400字詰換算214頁)
胸元の刻印を一族の者以外に見られたら、相手を殺すか結婚しなければならない!掟を守ると誓い冒険に出たキアラだったが、僅か3日目に金髪の青年アルフォンソに沐浴を見られて…
女神、砂漠に萌え(400字詰換算557頁)
人から女が生まれなくなった世界。女を手にする唯一の方法は、百種樹に生る女神を狩ることだった。元剣闘士ヒースは特別な力を秘めた女神エレモと出会い、歪んだ世界の謎に迫るが…
META〔L〕(400字詰換算366頁)※2000年に執筆した作品の校正版です。
人が機械化する奇病が蔓延する世界。ゴバンはドナーとなる白痴の肉体を生む果実を狩って生活していた。だが新たに見つけた少女タイプのドナーには、信じ難い戦闘能力と殺人衝動が…
流刑天使(400字詰換算1243頁)
外界から閉ざされた甲殻都市で育ったジェスは、かつて恋人と共に天界を目指し、その廉で流刑地へと送られた過去を持つ。重い潜水服を着込み、サルベージに従事する日々。そんな男社会にやってきた新入り流刑者は、一見すると少女のように美しい元天使だった。
小天使特攻戦奇譚(400字詰換算337頁)※2006年に執筆した作品の校正版です。
肉体から小天使を飛翔させ、敵直上から急降下爆撃を行うツチ族の存在は、従来の戦争を一変させた。戦時中に数々の武勲を上げながら全滅した女性部隊『スィーツ』唯一の生き残りであり、最高の兵器でもある少女ニコルの近代異聞。
逢魔のキロク(400字詰換算484頁)
健康だけが取り柄の猫好き女子高生巴は、不思議な黒猫に誘われて逢魔郷に迷い込む。成仏を拒み、死すらも諦めない霊魂達の世界で、元飼猫のテブクロ、自らの生命力を具象化した女戦士のようなカゲ、成仏を司る逢魔郷の番人キロクと共に現世を目指すが…
ドラゴンミストレス(400字詰換算365頁)
女ドラゴンマスターを目指す少女セリのドラコニア学園での奮闘記。一見して平和そうに思えた学園生活の裏では学生の失踪事件が相次ぎ、遠方では暗殺事件をきっかけとして、王国にも戦争の影が忍び寄っていた…
アンダークラウド(400字詰換算657頁)
雲海船で貿易商人を営むウォードは、雲下より浮かび上がってきた謎の少女を拾う。少女は世界に数少ない超弩級艦のコアであり、大陸国間の軍事バランスをも変える力を秘めていた。その時から、ウォードは世界を敵にしたコア争奪戦に巻き込まれていく。

また4年後

クロアチアはちょっと不運でしたね。
とはいえ「やっぱりフランスか」と思わされる試合でもありました。

個人的にクロアチアとベルギーは優勝に足る良いチームだと思いましたが、勝った者が強いというベッケンバウアーの言葉には心理があります。やはり何かが足りなかったのでしょう。

そんなベルギーを日本はイングランド以上に追い詰めたので、実質4位ということで――なんてことは心にも思ってないけど、冗談でも言えるぐらいの活躍をしてくれたのは嬉しかったです。
最後の最後でしたたかさが足りなかったのは残念ですが。

それとVARがサッカーの変化をより加速させた感じのする大会でもありました。
まだまだ改善の余地ありですが、4年後はどんなサッカーが待っているのか。
日本代表はどうなっているのか。

そんなことを考えながらの4年間がまた始まります。

スポンサーサイト

モスクワ攻防戦(歴史群像付録)リプレイ 中編

史実では英雄都市となったツーラを早々に陥落させたドイツ軍。
その後も、第4ターンには7つある全ての勝利判定ヘクスを占領して絶好調。ドイツ軍は遮二無二モスクワを目指します。

第5ターン終了時(モスクワ前面)


マップ上の点線は史実におけるドイツ軍の最大進出線です。
冬将軍の訪れが第7ターンであることを踏まえれば、今回のドイツ軍がいかに好調か分かると思います。
しかし雨後の竹の子の如く湧いて出るソ連兵を駆逐するのは並大抵のことではありません。何しろソ連軍側の方針は「モスクワ前面は四の五の言わずとにかく固める」なので尚更です。
ソ連軍は自軍ユニットを通過して後退することができないので、密集配置だと簡単に全滅してしまいます。しかし翌ターンにはすぐ復活してくるのでお構いなしという感じです。

第6ターン独軍第1戦闘フェイズ終了時


本格的な冬が来る前に何としてもモスクワ攻略を開始するため、2方向からそれぞれ2:1のリスキーなオッズで行われた戦いはどちらも前進に成功。冬装備を持たないドイツ軍にしてみれば死にもの狂いの雪中行軍だったと思われますが、ようやくここまで辿り着きました。
いよいよ第2戦闘フェイズでモスクワに挑みます。が――

第6ターン終了時


残念。
モスクワは落とせませんでした。

2方向からの攻撃では1/6の可能性しかなかったので、元々一か八かの戦いだったわけですが、序盤の優位を以てしてもモスクワを落とせないのかと。最後の1ヘクスがいかに遠いかを思い知らされました。
とはいえツーラを陥落させ、史実以上の進出を果たしたのも事実。北側の苦戦がなければ十分イケたと思います。

ちなみにこのゲームではモスクワを落とすとほぼドイツ軍の勝利が確定します。
1/6の確率で戦闘継続となりますが、攻勢支援マーカーを使えないため反攻は少々厳しいものとなります。それでもモスクワを奪還するぐらはできると思うので、徹底抗戦となった場合、ドイツ軍がモスクワを占領したまま終了することはそうそうないバランスになっていると思われます。

さて、次から攻守所を変え(文字通り手順が入れ替わります)、ソ連軍の反攻が始まります。

モスクワ攻防戦(歴史群像付録)リプレイ 前編

今月の歴史群像に付いていたシミュレーションゲームがなかなか面白かったので、リプレイを残しておくことにしました。

今回はプレイしたのは2in1のうちのひとつ、『モスクワ攻防戦』です。
ゲームは1941年秋から冬にかけて行われたドイツ軍の攻勢とソ連軍の反攻をテーマとしており、冬将軍が訪れる前にモスクワを落とせるか――或いは余力を残しつつどこまで進撃できるかが肝となります。

余力は損害記録トラック(下画像のマップ左端のトラック)によって表されます。
ドイツ軍の損害は一般的なユニット毎のステップロスや除去ではなく、3つある戦闘グループ毎に損害結果が累積し、6になると所属グループ各ユニットの攻撃力が-1。8に達すると一切攻撃ができなくなります。こうなると守りにおいても後退という形で損害を処理しなければならなくなり、攻勢限界から潰走への状況が再現されることになります。

余力を残すために肝に銘じておくべきことは「無用な戦いはするな」です。
特に第1ターンのソ連軍はほぼ動けないので、補給切れによる除去を積極的に狙っていくのが良いです。ソ連軍ユニットは戦うまで戦力が分からないので、迂闊に仕掛けて低オッズでの戦闘を強いられるパターンは避けたいところ。
なまじうまく行かないと一か八かの博打に走りがちなので、時には泥沼にハマらないよう注意する心構えが必用になるかもしれません。

第1ターン終了時


南の第2装甲軍が敵戦線を突破。かなり理想に近い形でブリャンスク方面の敵を包囲殲滅することに成功します。この際、進みすぎて補給切れを起こさないよう注意。補給源である鉄道線からの距離は絶えずチェックです。
一方で北側のヴャジマの防衛線はなかなか固く、思うように進撃できません。

第2ターン終了時


勢いに乗った第2装甲軍はオリョールを突破。ツーラ占領の確率(1/6)に一瞬グラつくも、ヴャジマ防衛線に手こずる味方を支援するため、南から更に大きな包囲を仕掛けてその輪を閉じます。
ソ連軍は後退しながら戦線の維持に努めますが、ツーラ前面は部隊を全く展開できず、如何ともしがたい危機的状況に。

第3ターン終了時


ツーラ陥落!
ソ連側からすればもう少し何とならなかったのかなという思いはありますが、いずれにせよ第1ターンで南方の部隊を失いすぎてしまい、ツーラ前面に展開する部隊を生み出せませんでした。ブリャンスク包囲殲滅戦は史実以上の大戦果だったということでしょうか。
せめてあと1ターンあれば東からの増援でより強力な部隊と入れ替えることもできたのですが…

やはり第1ターンの突破――ことに南端の第24、48装甲軍団が(最初の攻撃で)前面の敵を殲滅できるかどうかは、その後のゲーム展開を大きく左右します。もっともそれも対峙した敵の戦力次第という面もあるので、今回はかなりの幸運に恵まれたと思います。

このペースならモスクワを落とすのも夢ではない?

決勝トーナメント進出!

日本もサッカーで政治ができるようになったんだなぁ・・・
監督は勝ちに行くより遙かに勇気のいる選択をしたと思うし、日本のサッカーが世界に一つ近づいたような気持ちになりました。
海外メディアの批判はまぁ、(一部の国を除けば)表向きのものですから。

ドーハを見てきた世代なので感慨深いものがありましたよ。

二度と会えないけど



泣ける…


きむらひろき最新刊書籍の御案内

『まこみっくがくえん』 きむらひろき
『まんがライフMOMO』3月号にて掲載!

小説を読む方へ

克太タツミ

Author:克太タツミ
小説目録およびカテゴリ中の各タイトルからどうぞ。

いいなと思ったら応援お願いします
にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村

最新記事

カウンター