FC2ブログ

小説目録

※この記事は常に一番上に表示されます。

キス・イン・ザ・ダーク(400字詰換算300頁)
ゴーレムでありながら狂戦士ベルセルクルの魂を秘めたアールと、見習い魔導師レダによる冒険物語。アールの殺戮本能を御するものとはいったい…
キス・イン・ザ・ダーク 2(400字詰換算195頁)
ゴブリンの種族間戦争に巻き込まれたエドゥラの町で、レダとアールは離ればなれに。アールの狂戦士化を恐れるレダと、アールに異なるものを感じた尼僧ソフィとの果てに待つものは…
刻印のフィアンセ(400字詰換算214頁)
胸元の刻印を一族の者以外に見られたら、相手を殺すか結婚しなければならない!掟を守ると誓い冒険に出たキアラだったが、僅か3日目に金髪の青年アルフォンソに沐浴を見られて…
女神、砂漠に萌え(400字詰換算557頁)
人から女が生まれなくなった世界。女を手にする唯一の方法は、百種樹に生る女神を狩ることだった。元剣闘士ヒースは特別な力を秘めた女神エレモと出会い、歪んだ世界の謎に迫るが…
META〔L〕(400字詰換算366頁)※2000年に執筆した作品の校正版です。
人が機械化する奇病が蔓延する世界。ゴバンはドナーとなる白痴の肉体を生む果実を狩って生活していた。だが新たに見つけた少女タイプのドナーには、信じ難い戦闘能力と殺人衝動が…
流刑天使(400字詰換算1243頁)
外界から閉ざされた甲殻都市で育ったジェスは、かつて恋人と共に天界を目指し、その廉で流刑地へと送られた過去を持つ。重い潜水服を着込み、サルベージに従事する日々。そんな男社会にやってきた新入り流刑者は、一見すると少女のように美しい元天使だった。
小天使特攻戦奇譚(400字詰換算337頁)※2006年に執筆した作品の校正版です。
肉体から小天使を飛翔させ、敵直上から急降下爆撃を行うツチ族の存在は、従来の戦争を一変させた。戦時中に数々の武勲を上げながら全滅した女性部隊『スィーツ』唯一の生き残りであり、最高の兵器でもある少女ニコルの近代異聞。
逢魔のキロク(400字詰換算484頁)
健康だけが取り柄の猫好き女子高生巴は、不思議な黒猫に誘われて逢魔郷に迷い込む。成仏を拒み、死すらも諦めない霊魂達の世界で、元飼猫のテブクロ、自らの生命力を具象化した女戦士のようなカゲ、成仏を司る逢魔郷の番人キロクと共に現世を目指すが…
ドラゴンミストレス(400字詰換算365頁)
女ドラゴンマスターを目指す少女セリのドラコニア学園での奮闘記。一見して平和そうに思えた学園生活の裏では学生の失踪事件が相次ぎ、遠方では暗殺事件をきっかけとして、王国にも戦争の影が忍び寄っていた…
アンダークラウド(400字詰換算657頁)
雲海船で貿易商人を営むウォードは、雲下より浮かび上がってきた謎の少女を拾う。少女は世界に数少ない超弩級艦のコアであり、大陸国間の軍事バランスをも変える力を秘めていた。その時から、ウォードは世界を敵にしたコア争奪戦に巻き込まれていく。

レスポンス

>>赤わんこ様へ
本当にゆっくり更新になると思いますが、完成させることを第一に頑張っていきますので宜しくお願いします。
コメントありがとうございました。

スポンサーサイト

エンゲージ・ゲーム 第1話 スクリーマー

長らく小説の更新ができないまま、ずるずると年月ばかりが経過してしまいました。
今も状況が変わったわけではないですが、ずるずるとした中でも書ける時に書いていたものの第1話を公開することにしました。
安定したペースでの更新は難しいかもしれませんが、ゆっくりと不定期でも続けたいと思っています。

[エンゲージ・ゲーム 第1話 スクリーマー]の続きを読む

革命前夜のロシアには荷が重すぎる?


『カイザーの東方戦争』を最後までプレイしました。

――と言ってもカレンダー上限の1918年いっぱいまでプレイできたわけではなく、1916年9月ターンにてロシア側のVPが0となり、ドイツ側(中央同盟国)のサドンデス勝利となりました。
史実では17年ロシア革命なので、ちょっと早かったです。リガも落ちてしまったし。

もう少しVPの節約を気遣っていれば冬まで粘って一息つけたかもしれませんが、ルーマニア参戦による弊害が予想以上で、僅か1ターンにして見る見るVPが削られてしまいました。
つまりロシアにルーマニアを守る余力はなく、ルーマニア軍は弱いだけでVPのエサにしかならなかったという感じです。

終了時の画像


いわゆる生産ポイントがそのままVPとなり、その優劣で勝敗を決めるのは『皇帝の戦争』と同じ。
だが果たしてWW1の東部戦線というテーマでこの勝利条件は正解なのかとか、そんな思いがプレイ中は度々よぎりました。
革命前夜のロシアには荷が重すぎるのではないかと。

あとキャンペーンレベルでのWW1ゲーあるあるかもしれませんが、途中ちょっとダレます。
それとシナリオの開始と終了時期にはある程度の自由度があるのですが、それを自由と取るか、投げっぱなしと取るか…僕は後者と捉えてしまいました。

とはいえ勝敗を抜きにして東部戦線の流れを楽しむというのであれば――少なくとも戦闘システムは結構好きです。
ただもう少し歴史的な風合いが欲しかった気もします。劇的さに欠けるというか、途中から同テーマの傑作『When Eagles Fight』をプレイしたくなったりもしたので。

もう10年ぐらい経つでしょうか。ロシアのスチームローラーからびっくりするぐらいの弾薬不足という流れにワクワクした覚えがあります。当時はろくな知識もない中でのプレイだったので、今やったらもっと楽しめるんじゃないかなぁ・・・

カイザーの東方戦争 スマートさに欠けるが…


『皇帝の戦争』(のカイザー東征シナリオ)が面白かったので、姉妹作品的な存在と思われる『カイザーの東方戦争(Kaiser's War in the East)』を試してみました。
カイザー東征シナリオはWW1末期の攻勢を東で行ったらという架空シナリオでしたが、今回は普通にWW1の東部戦線全体(または一部)をテーマにしたゲームです。

ルールを読んでいる時には『皇帝の戦争』と共通するルールが多く、似たような感じかと思ったのですが、いざプレイしてみると感覚がだいぶ異なります。
移動フェイズ後に2回の戦闘フェイズというのは同じ。ただCRTが大幅に異なっていて独特です。
とにかく目立つのは、「軍は軍団に分割」と「軍以外は壊滅」の2つ。これが多くの戦闘結果に加えて存在しています。

例えばある1915年のガリツィア戦線


先のターンで既に分割されたロシア3個軍団に対し、中央同盟国側(ドイツ、オーストリア=ハンガリー)は第1戦闘フェイズで攻撃を仕掛けます。
季節は冬。補給ユニットを消費しても戦力比2:1が限界でしたが、サイの目は「4」で結果は「DD」。相手が軍ならば「軍団に分割して1へクス後退」なのですが、軍団だと壊滅になります。これによりロシア3個軍団全てがマップから取り除かれることになります。
ヘクスが開いたので、オーストリア第3軍で追撃(戦闘後前進)させることにしました。

さて、現状だと前進したオーストリア第3軍が補給切れとなってしまうので、続く第2戦闘フェイズでロシア第11軍に攻撃を仕掛け、補給路をこじ開けようと思います。



使える補給ユニットこそ尽きているものの、包囲攻撃なので戦闘力は倍。戦力比こそ3:1ですが、1/2の確率でDDによる後退を強いて壊滅させられます。が、サイの目は「2」で結果は「BB」。双方1個軍が軍団に分割される痛み分けに終わりました。



仮にロシア軍部隊が軍団だったらBBの結果でも壊滅させることができます。連携を失うと東部戦線の広大な土地は守り難いということなのかもしれませんが、いずれにせよこのゲームにおける軍団の脆さが分かるかと思います。

今回は残念ながらロシア軍を駆逐できず、オーストリア第3軍の補給路は確保できませんでした。冬場なので続く補給損耗フェイズでチェックを行わなければなりません。結果は失敗(確率50%)、ユニットは分割されてしまいました。
ちなみにロシア軍側は自分のプレイヤーターンではないのでチェックは行いません。



とまぁ、こんな感じ。
分割してしまった軍団は補給ユニットを消費することで(補給下なら)軍に戻れます。
しかし補給ユニットは非常に高価なので、再編成を繰り返すだけでゴリゴリ国力が削られていきます。
そういったことも含めて東部戦線の守りは堅固とはいえず、突撃歩兵や戦車の登場を待たずとも第2戦闘フェイズの意味合いが大きくなるようデザインされているようです。

頻繁にユニットを軍や軍団に入れ替えるシステムはあまりスマートとは言えないかもしれませんが、ユニット数の多いゲームではないのでさほど手間には感じないです。
むしろステップロスよりも消耗が目に見える形になっていると言えなくもありません。

またゲームとしても、両軍ががっぷり四つで戦い合っているうちは非常に楽しくプレイできます。
全体としての評価はとりあえず保留。(まだ遠しでプレイできていないので)


それと海外サイトでエラッタを見つけたので、重要と思われる2つを記しておきます。
・湿地へクスは鉄道線沿いならば補給線を通すことができる。
・要塞ユニットは川越しの効果を除いて、地形効果による2倍の恩恵を受けない。

孤独こそフォールアウトの醍醐味也

お正月に備えて『フォールアウト ボードゲーム』をお試しプレイ


わりと安くなっていたので買ってみました。
ガジェット周りも含めて雰囲気がとても良いです。

一応購入前から話には聞いていましたが、プレイヤー同士の駆け引き的な要素は薄く、その意味では以前プレイした『ウィッチャー・ザ・ ボードゲーム』とも通じる部分があります。それぞれがソロプレイをしているようとの評もありましたが、アポカリプス世界の放浪者という感じで僕はむしろ好物。実際ソリティアとしてもプレイでき、上の画像はその様子を写したものです。

世界観の再現度は素晴らしく、またクエストの展開はゲームブック形式とダイス・チェックで、一人コツコツと遊ぶ本来のフォールアウトが好きな人にとってはかなりの良作だと思います。

ひとつ残念なのは、成長要素にカスタマイズ性がほとんどないことでしょうか。
脳筋にしたいとか、スニークプレイをしたいとか、そういった要望には応えてくれません。
そのかわりキャラ毎の特性は一応あって、例えばパワーアーマーキャラは守りが強いけど足が遅いとか(急ぐこともできるけど金食い虫)、グールならHP低いけど放射能でHP回復するとか、Vault出身者ならVaultスーツの上に更に防具を着けられるとか。
あと何気に原作より放射能の回復が厳しいのはいいですね。これでこそです。

複数プレイの際にはクエストを共有する仕様のため、状況設定にこだわる人には何かしらの脳内補完が必用かもしれません。
そう、例えば特殊な首輪により強制的に情報共有された元奴隷同士のロールプレイなんてのはいかが?


きむらひろき最新刊書籍の御案内

『まこみっくがくえん』 きむらひろき
『まんがライフMOMO』3月号にて掲載!

小説を読む方へ

克太タツミ

Author:克太タツミ
小説目録およびカテゴリ中の各タイトルからどうぞ。

いいなと思ったら応援お願いします
にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村

最新記事

カウンター