FC2ブログ

小説目録

※この記事は常に一番上に表示されます。

キス・イン・ザ・ダーク(400字詰換算300頁)
ゴーレムでありながら狂戦士ベルセルクルの魂を秘めたアールと、見習い魔導師レダによる冒険物語。アールの殺戮本能を御するものとはいったい…
キス・イン・ザ・ダーク 2(400字詰換算195頁)
ゴブリンの種族間戦争に巻き込まれたエドゥラの町で、レダとアールは離ればなれに。アールの狂戦士化を恐れるレダと、アールに異なるものを感じた尼僧ソフィとの果てに待つものは…
刻印のフィアンセ(400字詰換算214頁)
胸元の刻印を一族の者以外に見られたら、相手を殺すか結婚しなければならない!掟を守ると誓い冒険に出たキアラだったが、僅か3日目に金髪の青年アルフォンソに沐浴を見られて…
女神、砂漠に萌え(400字詰換算557頁)
人から女が生まれなくなった世界。女を手にする唯一の方法は、百種樹に生る女神を狩ることだった。元剣闘士ヒースは特別な力を秘めた女神エレモと出会い、歪んだ世界の謎に迫るが…
META〔L〕(400字詰換算366頁)※2000年に執筆した作品の校正版です。
人が機械化する奇病が蔓延する世界。ゴバンはドナーとなる白痴の肉体を生む果実を狩って生活していた。だが新たに見つけた少女タイプのドナーには、信じ難い戦闘能力と殺人衝動が…
流刑天使(400字詰換算1243頁)
外界から閉ざされた甲殻都市で育ったジェスは、かつて恋人と共に天界を目指し、その廉で流刑地へと送られた過去を持つ。重い潜水服を着込み、サルベージに従事する日々。そんな男社会にやってきた新入り流刑者は、一見すると少女のように美しい元天使だった。
小天使特攻戦奇譚(400字詰換算337頁)※2006年に執筆した作品の校正版です。
肉体から小天使を飛翔させ、敵直上から急降下爆撃を行うツチ族の存在は、従来の戦争を一変させた。戦時中に数々の武勲を上げながら全滅した女性部隊『スィーツ』唯一の生き残りであり、最高の兵器でもある少女ニコルの近代異聞。
逢魔のキロク(400字詰換算484頁)
健康だけが取り柄の猫好き女子高生巴は、不思議な黒猫に誘われて逢魔郷に迷い込む。成仏を拒み、死すらも諦めない霊魂達の世界で、元飼猫のテブクロ、自らの生命力を具象化した女戦士のようなカゲ、成仏を司る逢魔郷の番人キロクと共に現世を目指すが…
ドラゴンミストレス(400字詰換算365頁)
女ドラゴンマスターを目指す少女セリのドラコニア学園での奮闘記。一見して平和そうに思えた学園生活の裏では学生の失踪事件が相次ぎ、遠方では暗殺事件をきっかけとして、王国にも戦争の影が忍び寄っていた…
アンダークラウド(400字詰換算657頁)
雲海船で貿易商人を営むウォードは、雲下より浮かび上がってきた謎の少女を拾う。少女は世界に数少ない超弩級艦のコアであり、大陸国間の軍事バランスをも変える力を秘めていた。その時から、ウォードは世界を敵にしたコア争奪戦に巻き込まれていく。

血の4月

さほど期待せず、WW1の空戦ものということで落としてみたら当たりでした。

SKIES of FURY DX


まだキャプチャー1をクリアしただけですが、ざっとインプレッション。

・操作はシミュレーター系ながら失速や墜落などの要素はなく、非常に扱いやすく快適。
・経験値を貯めてスキルツリーで強化といった要素はあるものの、現実感を大きく削ぐものではないので、人によっては派手さがないと感じるかもしれません。(僕的にはむしろOK)
・キャンペーン・ミッションはドッグファイト、護衛、輪くぐりの3つでバラエティさに欠けるものの、基本の操作感が良いので延々と遊べてしまう気持ちよさがあります。
・バレルロール、宙返り、インメルマンターンは1ボタンで。(連続では出せません)
・索敵時に便利なラジコン視点がドッグファイト感ハンパない。
・チャプタークリア毎に(おまけ程度ですが)コミック風のイラストでちょっとした歴史的背景を知ることができます。
・テーマを1917年4月に絞ったことで、闇雲に複葉機が登場する「ごっこ」ゲームではなく、リアルな戦争を感じさせてくれるのが非常に素晴らしい。
・反面、複葉機のゲームなら当然出てしかるべき機種がないといった物足りなさはかなりあります。
・オンラインはありません。

終戦までをカバーして複数の戦場があり、ミッションが多岐にわたっていれば言うこと無しですが、値段的にはこんなものかもしれません。

18日まで半額の1000円で落とせるので、複葉機好きなら十分楽しめると思います。


追記:ちなみにですが、比較的最近プレイした『ランドシップス!』と『イン・ザ・トレンチ』の記事が、偶然にもこのゲームと同じ戦いの地上での様子となっております。

スポンサーサイト

空母戦だけどソロOK!

今月の歴史群像付録のボードゲームをチラっとプレイしてみました。

今回も例によってソリティアと二人用ゲームのセット。特に二人用の『第二段作戦』が面白かったです。

セットアップ時


1942年5、6月の太平洋戦線――史実で言うところの珊瑚海海戦からミッドウェー海戦までを扱っていますが、空母戦絡みのテーマはたいがいソロプレイに向かないか、逆にソリティアかといった印象があったので、ソロでも全く問題なく遊べる二人用ゲームというのがまず嬉しい。

歴史雑誌の付録とあってルールもさほど難しくなく、ユニットとして存在しているのが主要空母のみという潔さ。他の艦船はオミットされ、艦載機はマーカーで表現されています。そのためプレイもサクサク進むので時間も取られず、リプレイ性も高いです。

システム自体にソリティアっぽさもあるので、プレイはどうしても日本軍主導になりますが、実際そういう時期の戦いですからね。
受け身とはいえ米軍側もいかに空母を温存しつつ要所要所では奇襲狙いの反撃を――といった楽しみがあり、運命の5分間を再現することも可能、かも。

もちろん日本軍側の選択肢は幾つかあり、必ずしもMI作戦を行う必用はありません。しかし序盤の展開次第ではハワイへの道を切り開くこのギャンブルが魅力的に思えてくることもあるでしょう。
それぐらい日本軍は勝利のために貪欲にならないと厳しく、貪欲になるほどリスクは高まるといった印象を持ちました。

シンプルながら構図としてちゃんと当時の両軍の苦しさを味わえるゲームになっているのではないでしょうか。

あがるー

BBC公式なので貼っちゃいます


凄いな

追記:
オフィシャルも来た!


いい日だ

フランス戦車軍団(イン・ザ・トレンチVer.)その3

ドイツ軍野砲陣地からの洗礼と不測の事態により、急速に勢いを失うフランス軍。
戦場の流れがダイスにも乗り移ったのか、第6ターンも大して行動できぬまま強制的に終了してしまい、フランス軍はいよいよ追い込まれてきました。これに単純な判断ミスも加わります。

このターンにC小隊の戦車1輛を北東から突破させたのですが、後から思えば3輛突破が難しいと判断した時点で、町の制圧任務に割くためマップに止まるべきでした。
また故障により砲台と化した戦車はどれも部隊タグがバラバラでフォーメーションを組めず、火力を集中できないという問題があります。戦車による打撃力が損害と共に(その損失数以上に)弱まっていく様が伝わってきます。

一方でドイツ軍も東側からの突破を恐れるあまり、町にあまり部隊を配置しておかなかったことがここにきて響いてきました。

そんなこんなで第8ターン終了時


フランス軍は町の西側で防衛していた歩兵と機関銃部隊を一掃し、そこからヴェルダン通りを東へ進みます。
一方ドイツ軍は新たな標定射撃を行い、最終決戦に備えています。

運命の第9ターン。ドイツ軍が3行動分のイニシアチブを獲得。
指揮官は虎の子の野砲を間接、直接、どちらの射撃に使うべきか迷った挙げ句、「両方やれ!」という結論に達します。
つまり2つの野砲に間接射撃を担当させ、一番前面にいる半減戦力の野砲には敵に対処できるよう待機させておくわけです。
どうせ半減戦力になった野砲は間接射撃に参加させても無意味(火力3に対し、-3の修正が入って0になってしまうため)――と、この時は思ったのですが、リーダーシップポイント(各野砲火力+1)を使えば意味のある数値に引き上げられる事実にこの時は気付いていませんでした。
参考:(6+1-3)+(6+1-3)+(3+1-3)=9。射撃力修正はここから3で割った数値なので、ちょうど+3でキリのいい修正が入る。

インパクト!


残念ながら着弾は東へズレ、ドイツ軍が保持している唯一の町ヘクスにも降り注ぎます。
幸い同士討ちは避けられたものの(塹壕様々です)、平地で砲撃をまともに食らったフランス軍戦車2輛にも全く損害を与えられませんでした。もはや間接射撃はゲーム序盤のような絶対的な存在ではないようです。

そんな中、いまだ4輛の戦車が残っているF中隊(内3輛)が奮起します。

野砲陣地壊滅!


陣地ヘクスには先の間接射撃に加わらなかった部隊――すなわち町に接近するフランス軍を虎視眈々と狙う半減戦力の野砲(と歩兵)がいました。後々のため行動力を消費したくないドイツ軍野砲は一方的に射撃を喰らうこととなり、結果耐えきれずに全滅してしまいます。これによりドイツ軍の防衛線に穴が!

待ってましたとばかりにD中隊最後の生き残りであるシュナイダー戦車が陣地を乗り越え、砲撃が降り注ぐ町ヘクスへ(下図①参照)。間接射撃による損害もなく、あと1回分の行動力を残してドイツ軍と同一ヘクスで睨み合います。しかし町のドイツ軍は塹壕内にいるため、戦車だけでは近接戦闘を仕掛けられません。塹壕内に突入できる歩兵が必用です。

唯一の可能性を持った歩兵A中隊最後の生き残りが突撃を仕掛けます(下図②参照)。塹壕に突入さえできれば、戦車と共に近接戦闘を仕掛けられ(この場合は塹壕の外にいる戦車も近接戦闘に参加できる)、戦力比2:1。ダイス9以上で4ステップ分のドイツ軍2ユニット(野砲と歩兵)を完全に駆逐できます。



しかし結果は無情にも、間接射撃による判定で行動段階を1つ引き上げられてその場で停止。塹壕突入どころか同ヘクスへ辿り着くことさえできずに終わってしまいました。

その後のフランス軍は散発的で成功率の低い射撃に終始し、強運を引き寄せることも叶いませんでした。

ゲーム終了時


フランス軍はこの一帯だけで16輛の戦車を破壊され、3輛の戦車が移動不能。最後まで稼働していた戦車は突破した1輛を含めて僅か5輛でした。


いかがでしたでしょうか。
序盤は大量の戦車をいかに削るか。間接射撃なのか、直接射撃なのかといった選択の面白さがあり、一度に大量の戦車を葬る豪快さと、ピンポイントで射貫く痛快さがあります。
またそれとは別に、このシナリオでは町の制圧という選択肢もあり、歩兵を近づけるには戦車の援護が不可欠であるため、その辺りでどうバランスを取るかといった攻略の楽しさもあります。

またシナリオの背景として見た場合、一見すると大量の戦車が破壊されてぼろ負けしただけの戦いに映りますが、その中においてさえ機関銃が思うように活躍できていない事実が戦車時代の到来を感じさせてくれます。まだ脆さの方が目立っているのもロマン度が高くて良い感じでした。

フランス戦車軍団(イン・ザ・トレンチVer.)その2

迫り来る戦車軍団による集中射撃をどうにか凌いだドイツ軍。しかしまだまだフランスの猛攻は続きます。

第4ターン。フランス軍は4行動分のイニシアチブを取ります。
まずはA小隊のシュナイダー戦車が単体で敵塹壕へ接近。塹壕への突入を恐れたドイツ軍砲兵部隊は直接射撃でこれに応戦。一撃の下に葬ります。


続けてB小隊の戦車1輛がドイツ軍陣地ヘクスへ迫るも、ドイツ軍はこれも撃破。


更に同じくB小隊の戦車1輛が移動。これに対しては最初の射撃を外し、戦車は更に陣地ヘクスにまで突入。しかし脇から別の野砲がこれを撃破し、事なきを得ます。


※上の射撃ですが、何も陣地ヘクスに突入されるまで待つ必用はなかったのでここでお断りしておきます。1ヘクス目の移動に対する射撃が外れた後、直ちに別のユニットによる同ヘクスへの射撃が可能です。(ソフトターゲットだと同一、隣接ヘクスは火力2倍なので、その習慣で敵を引きつけてしまいました)

この一連の攻撃により大きな損害を出したフランス軍ですが、これは端から想定済み。ドイツ軍砲兵部隊の行動力を奪うことが目的でした。これでこのターンは凶悪な間接射撃に脅えることなく行動できるというわけです。

第4ターン終了時

※マップ外の戦車は、既に破壊されたシュナイダー突撃戦車の山です。

間接射撃が途絶えたことでマップの東側では戦車隊が大きく前進。ドイツ軍の陣地に迫っています。こうなれば北東への突破も間近。

一方西側では(写真に収めていませんでしたが)、機関銃が遂に火を噴き、フランス軍歩兵をバタバタとなぎ払っています。しかし秘匿状態が解かれことで戦車の反撃を呼び、逆に機関銃部隊に損害が出る有様。戦車の出ない他のシナリオをプレイしていると、この光景には感慨深いものが・・・
「機関銃が強すぎて戦争そのものがクソゲー」でお馴染みのWW1に、新たなアップデートがやってきたという感じでしょうか。(でもまだβ版)

第5ターン。ドイツ軍が2行動分のイニシアチブを獲得。
ここは野砲に間接射撃を行わせるか、直接射撃で近い戦車から撃破していくか、非常に迷いました。このシナリオの肝です。

結果、破壊できそうな戦車数の多さを重視し、間接射撃を選択。①~④の戦車を破壊します。


対するフランス軍は野砲の直接射撃に脅えることなく(第4ターンとは逆パターンですね)次々と敵陣を突破。次のターンでイニシアチブを取ればマップ外へ戦車3輛が脱出し、勝利が決まる――はずだったのですが・・・

まさかの事態は戦車が塹壕に差し掛かった時、立て続けに起こりました。







なんと塹壕を越えようとした戦車4輛のうち3輛が故障するというアクシデント。いやいや、これは酷い。

確かにシュナイダー戦車は超壕能力が低かったようですが、このゲームではそこまでの再現はありません。どの戦車も共通で、塹壕ヘクスに入った時のみ2d6の故障判定を行い、10以上が出ると故障(移動不能)。つまり確率1/6なので、結構な不運ですね。
修理もできないので、後は固定砲台として頑張ってもらいます。(史実ではこれらがドイツ軍の反撃を手こずらせたとか)

こうなってしまっては北東からの戦車の突破は非常に厳しく、目先を変える必用がありそうです。
指揮官の目はにわかにマップ西側の部隊に向かうわけですが、残念ながらこのターンはそちらに一切手を出すことなく突然に終了してしまいました。
思い通りにいかないのは戦場の常か・・・

第5ターン終了時



きむらひろき最新刊書籍の御案内

『たまねぎたまちゃん』
(赤塚不二夫/作画協力きむらひろき)
JAグループの子供雑誌「ちゃぐりん」にて連載中!

最新記事

カウンター