FC2ブログ

小説目録

※この記事は常に一番上に表示されます。

キス・イン・ザ・ダーク(400字詰換算300頁)
ゴーレムでありながら狂戦士ベルセルクルの魂を秘めたアールと、見習い魔導師レダによる冒険物語。アールの殺戮本能を御するものとはいったい…
キス・イン・ザ・ダーク 2(400字詰換算195頁)
ゴブリンの種族間戦争に巻き込まれたエドゥラの町で、レダとアールは離ればなれに。アールの狂戦士化を恐れるレダと、アールに異なるものを感じた尼僧ソフィとの果てに待つものは…
刻印のフィアンセ(400字詰換算214頁)
胸元の刻印を一族の者以外に見られたら、相手を殺すか結婚しなければならない!掟を守ると誓い冒険に出たキアラだったが、僅か3日目に金髪の青年アルフォンソに沐浴を見られて…
女神、砂漠に萌え(400字詰換算557頁)
人から女が生まれなくなった世界。女を手にする唯一の方法は、百種樹に生る女神を狩ることだった。元剣闘士ヒースは特別な力を秘めた女神エレモと出会い、歪んだ世界の謎に迫るが…
META〔L〕(400字詰換算366頁)※2000年に執筆した作品の校正版です。
人が機械化する奇病が蔓延する世界。ゴバンはドナーとなる白痴の肉体を生む果実を狩って生活していた。だが新たに見つけた少女タイプのドナーには、信じ難い戦闘能力と殺人衝動が…
流刑天使(400字詰換算1243頁)
外界から閉ざされた甲殻都市で育ったジェスは、かつて恋人と共に天界を目指し、その廉で流刑地へと送られた過去を持つ。重い潜水服を着込み、サルベージに従事する日々。そんな男社会にやってきた新入り流刑者は、一見すると少女のように美しい元天使だった。
小天使特攻戦奇譚(400字詰換算337頁)※2006年に執筆した作品の校正版です。
肉体から小天使を飛翔させ、敵直上から急降下爆撃を行うツチ族の存在は、従来の戦争を一変させた。戦時中に数々の武勲を上げながら全滅した女性部隊『スィーツ』唯一の生き残りであり、最高の兵器でもある少女ニコルの近代異聞。
逢魔のキロク(400字詰換算484頁)
健康だけが取り柄の猫好き女子高生巴は、不思議な黒猫に誘われて逢魔郷に迷い込む。成仏を拒み、死すらも諦めない霊魂達の世界で、元飼猫のテブクロ、自らの生命力を具象化した女戦士のようなカゲ、成仏を司る逢魔郷の番人キロクと共に現世を目指すが…
ドラゴンミストレス(400字詰換算365頁)
女ドラゴンマスターを目指す少女セリのドラコニア学園での奮闘記。一見して平和そうに思えた学園生活の裏では学生の失踪事件が相次ぎ、遠方では暗殺事件をきっかけとして、王国にも戦争の影が忍び寄っていた…
アンダークラウド(400字詰換算657頁)
雲海船で貿易商人を営むウォードは、雲下より浮かび上がってきた謎の少女を拾う。少女は世界に数少ない超弩級艦のコアであり、大陸国間の軍事バランスをも変える力を秘めていた。その時から、ウォードは世界を敵にしたコア争奪戦に巻き込まれていく。

密集と分散の狭間に…

久々に『イン・ザ・トレンチ』をソロプレイ。
結構楽しいと思うんだけど…

今回はバトルパック4:1916のシナリオ8「ポーランドの丘」の序盤のみをご紹介(時間が無かったので)。
とにかくロシア軍が丘を目指すシナリオです。


このゲームに触れたばかりの時は言葉足らずなルールにほとほと困らされたものですが、今ではかなり好きなゲームの部類に。
外れシナリオは多いものの、戦車と歩兵がうまく絡んだシナリオや、大きめのマップが入ったセットは割と楽しめると思います。
まぁ、ルールを整理できればですけど…

ちなみにコチラの記事でルールの(超個人的)明確化とハウスルール等を紹介しております。まだまだプレイする度に追加や変更を加えたりするお目汚しレベルのものですが。


まずは0ターンに行われるショック砲撃


オーストリア=ハンガリー及びポーランド軍兵士達は砲撃の間ダッグアウトに篭もります。
今シナリオでロシア軍は突撃歩兵の扱いなので、味方の砲撃の中を前進。無人地帯を抜けて一気に敵の塹壕に迫ります。(第1ターンの移動とは別扱い)
戦術上どうしても突撃するロシア軍にも損害が出ますが、今回は敵の塹壕2カ所を完全破壊。他3カ所で行動段階を引き上げ、これらのスタックは今ターンろくに行動できなくなります。

第1ターン終了時


早々にダッグアウトから飛び出したポーランド軍の反撃を受けるも、後に続くロシア軍が雪崩の如く塹壕に飛び込み敵を駆逐していきます。ここから溝に沿ってポーランドの丘に近づくのが一番安全ですが、一本道なのでそれだけだと間に合わないでしょう。街をどう制圧していくかも重要になります。

第2ターンの砲撃


マップ外からロシア軍砲兵部隊による砲撃。着弾がズレたとはいえ誤爆もなく良い位置に落ちました。しかし敵への損害は与えられず。
それでも砲撃は1ターンまるまる継続するので、敵は迂闊に動けなくなるというメリットもあります。(味方もだけど)

第2ターン終了時


突然ターンが終了することもあります。今ターンはあまり動きなし。

第3ターンの砲撃


同じ地点への連続射撃は着弾精度が上がります。砲撃パターンのみ変え、塹壕に篭もる敵をまるっと砲撃。今回はズレなし。
塹壕の敵に損害を出すのはなかなか難しく、敵の行動段階を引き上げられれば御の字(1段階引き上げでも同ターン移動不可、射撃力低下と影響は大きいです)というところなのですが、今回は2カ所で11の目が出る幸運に恵まれ、敵部隊のステップロスに成功。損害はスタック全体に及ぶため、時に塹壕の中にいてさえ大量の肉ミンチが出来上がってしまいます。

第3ターン終了時


ロシア砲兵が最高の仕事をしてくれたので、歩兵も一気に前進。

とはいえ高さレベル2のポーランドの丘には機関銃が設置されており、ロシア軍の動きは丸見え。あまり大胆には動けません。(囮のために射程内の平原を前進してる部隊も一部いますが…)
街には立派な防御効果がありますが、フォーメーション単位での行動では地形効果を得られないため、ユニット単位での行動が主となります。しかしバラバラに動けば途中でターンが終了する可能性も高まるわけで、必然的に街の攻略はスローダウンしがちです。幸いこのターンに関しては全ての部隊を動かせました。
さて、全15ターンで相手よりポーランドの丘を多く占めることができるでしょうか・・・

――とまぁ、序盤はこんな感じ。

次のターンはフォーメーション単位でも地形効果を得られるよう、壕を掘って下準備をしようかなと考えていました。
スコップなくしてWW1は語れませんからね。
もし敵がそれを嫌って攻撃してくるのなら、その分行動が消費されるのでそれもまたよし。敵の応射が弱まるならば後続部隊に突撃をしかける好機ともなります。

敵の行動をいかにリスクなく消費させるかがこのゲームの肝ですが、そんな細かな仕掛けが馬鹿らしくなるようなスタック単位の容赦ない大量死もあり、そこはそれ、WW1だなぁという堪らない感慨があるわけです。

あと、このゲームに関しては電子サイコロにすると不思議と面白さが2割増しぐらいになるような気がします。


追記:記事を上げた直後に画像を見てハタと気付きました。
もしかしたらマップ下の林を利用する手があったのではと・・・

うわぁ・・・今度検証してみます。(わくわく)

スポンサーサイト

エンゲージ・ゲーム イラスト02

立て続けにキムラがピーチャムさんを描いてくれました。(サムネクリックで大きな画像が見られます)



前回のイラストに本人は納得いかなかったようで、復讐だそうです。
中年のおっさんのぼそっとしたゴツさが出ているように思うのですが、キムラ的にはまだ物足りないのだとか。
かっこいい背中だと思いますけどねー。

いっそピーチャムさんをおっさんの練習台にしちゃっていいのよ。

エンゲージ・ゲーム イラスト01

キムラがピーチャムさんを描いてくれました!(サムネクリックで大きな画像が見られます)



曰く「若くなりすぎたかも」とのことですが、戦時中のピーチャムの一幕と考えれば全然アリかと。
生え際や髭に白髪が出始めてる感じも素敵です。

あとこんなご時世ですが、戦時下の男は煙草なくして語れないでしょう。
上司のベックがあまり煙草を吸わないのはむしろ異端という前提で文中描かれています。(彼はむしろ今の方が普通に吸っているようで、デスクワークが増えたことが影響しているかもしれません)

エンゲージ・ゲーム 第3話 エンゲージの指輪

序盤から時間軸が前後する展開なので、ここで補足。
小説の冒頭、戦時下におけるピーチャムは36歳。
ショコラと出会った時(現在)は41歳という設定です。
なぜ41歳にしたかというと、僕自身が41歳という年齢に特別なものを感じる世代だからです。

       ・       ・       ・

[エンゲージ・ゲーム 第3話 エンゲージの指輪]の続きを読む

エンゲージ・ゲーム 第2話 杭打ち

今回の小説には、諸々の事情により打ち切りにせざるを得なかった「エディターズ」という作品のアイデアを組み込んでいます。
訪れる人も少ないブログの片隅とはいえ、後にも先にもネット上に公開して完成させられなかった作品は「エディターズ」だけです。
そんな悔しさもあり、今作にはあだ討ちの意味合いも入り込んでしまったかもしれません。

「エディターズの呪い」にならないようにしないと…

       ・       ・       ・

[エンゲージ・ゲーム 第2話 杭打ち]の続きを読む


きむらひろき最新刊書籍の御案内

『まこみっくがくえん』 きむらひろき
『まんがライフMOMO』3月号にて掲載!

小説を読む方へ

克太タツミ

Author:克太タツミ
小説目録およびカテゴリ中の各タイトルからどうぞ。

いいなと思ったら応援お願いします
にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村

最新記事

カウンター