小説目録

※この記事は常に一番上に表示されます。

キス・イン・ザ・ダーク(400字詰換算300頁)
ゴーレムでありながら狂戦士ベルセルクルの魂を秘めたアールと、見習い魔導師レダによる冒険物語。アールの殺戮本能を御するものとはいったい…
キス・イン・ザ・ダーク 2(400字詰換算195頁)
ゴブリンの種族間戦争に巻き込まれたエドゥラの町で、レダとアールは離ればなれに。アールの狂戦士化を恐れるレダと、アールに異なるものを感じた尼僧ソフィとの果てに待つものは…
刻印のフィアンセ(400字詰換算214頁)
胸元の刻印を一族の者以外に見られたら、相手を殺すか結婚しなければならない!掟を守ると誓い冒険に出たキアラだったが、僅か3日目に金髪の青年アルフォンソに沐浴を見られて…
女神、砂漠に萌え(400字詰換算557頁)
人から女が生まれなくなった世界。女を手にする唯一の方法は、百種樹に生る女神を狩ることだった。元剣闘士ヒースは特別な力を秘めた女神エレモと出会い、歪んだ世界の謎に迫るが…
META〔L〕(400字詰換算366頁)※2000年に執筆した作品の校正版です。
人が機械化する奇病が蔓延する世界。ゴバンはドナーとなる白痴の肉体を生む果実を狩って生活していた。だが新たに見つけた少女タイプのドナーには、信じ難い戦闘能力と殺人衝動が…
流刑天使(400字詰換算1243頁)
外界から閉ざされた甲殻都市で育ったジェスは、かつて恋人と共に天界を目指し、その廉で流刑地へと送られた過去を持つ。重い潜水服を着込み、サルベージに従事する日々。そんな男社会にやってきた新入り流刑者は、一見すると少女のように美しい元天使だった。
小天使特攻戦奇譚(400字詰換算337頁)※2006年に執筆した作品の校正版です。
肉体から小天使を飛翔させ、敵直上から急降下爆撃を行うツチ族の存在は、従来の戦争を一変させた。戦時中に数々の武勲を上げながら全滅した女性部隊『スィーツ』唯一の生き残りであり、最高の兵器でもある少女ニコルの近代異聞。
逢魔のキロク(400字詰換算484頁)
健康だけが取り柄の猫好き女子高生巴は、不思議な黒猫に誘われて逢魔郷に迷い込む。成仏を拒み、死すらも諦めない霊魂達の世界で、元飼猫のテブクロ、自らの生命力を具象化した女戦士のようなカゲ、成仏を司る逢魔郷の番人キロクと共に現世を目指すが…
ドラゴンミストレス(400字詰換算365頁)
女ドラゴンマスターを目指す少女セリのドラコニア学園での奮闘記。一見して平和そうに思えた学園生活の裏では学生の失踪事件が相次ぎ、遠方では暗殺事件をきっかけとして、王国にも戦争の影が忍び寄っていた…
アンダークラウド(400字詰換算657頁)
雲海船で貿易商人を営むウォードは、雲下より浮かび上がってきた謎の少女を拾う。少女は世界に数少ない超弩級艦のコアであり、大陸国間の軍事バランスをも変える力を秘めていた。その時から、ウォードは世界を敵にしたコア争奪戦に巻き込まれていく。

教材ゲー?

最近はなかなかボード(ウォー)ゲームに手が伸びないなと思っていたのですが、「だったら超簡単なゲームやればいいじゃん!」ということに突然気づきました。

さっそく本棚をあさって目に入ったのが『独ソ電撃戦』。その昔エポック社から出ていた初心者用ゲームのCMJ版です。
確かにルールはびっくりするほど簡単。
簡単なルールを更にシンプルに説明できるような工夫さえ伺えます。

特筆すべきところというと、ソ連軍ユニットは全て裏返しに配置され、独ソ両軍ともいざ戦ってみるまでその戦力が分からないというシステム。

ソ連側の戦力はソ連軍指揮官すら把握できていなかったという当時の状況の再現だそうで、その昔ホビージャパン(/SPI)から出ていた初心者用ゲーム『ベーシック3』の『レニングラード』がテーマといい、同じような感じでしたね。あれ大好きだったんですよ。北方軍集団と中央軍集団、或いはスケールの違いこそあれ。

ぞんなわけで僕向きかもしれないと思い、さっそく初見プレイ。
ちなみにせっかくの初見なので、ソ連軍ユニットの戦力値幅もチェックせず、真のアントライド状態でプレイしています。

ミンスクは遠かった…


ミンスクどころかスルーツクにも辿り着けず、ウィルナへの攻撃もはね除けられ、バラノウィチを落とすのがやっとという有様。
ソ連側+14VPの圧勝です。

結構ソ連固かったですね。
裏返されたユニットは蹂躙攻撃もできないため、うまいこと戦線を張れてしまうとドイツ軍は思いの外進めません。
あと僕のミスというか怠慢で、公式エラッタを見ずにプレイしたため、本来なら除去できたはずのソ連軍ユニットが後退で済んでしまったというのも幾つかあったように思います。(地味にこれが大きかった?)
あと戦闘結果EXが怖くて少々臆病だったかも。

ユニットをもう少し減らせていればまるで違う展開になっていたのかもしれないけど、確かにヴァリアントルールでプレイした方が良さそうな気がします。


にしても前述の『レニングラード』とはプレイ感覚がまるで違いました。
蹂躙攻撃を駆使しながら次々とソ連軍を包囲しつつ電撃戦を繰り広げるという意味でいえば、あちらには攻撃の派手さ、楽しさがあります。また地形や陣地に阻まれて進撃速度が落ちていくドラマ性もありました。

こちらの方がルールはより簡単ですが、それでもプレイ自体はただ簡単なだけではないという感じ。特に守りですね。
うまく戦線を構築するための教材というか、背後から教官に指導されているような気持ちになりました。

正しいルールとヴァリアントでもう一回ぐらいプレイしてみたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

きむらひろき最新刊書籍の御案内

学研まんが 科学ふしぎクエストシリーズ
人体迷宮を調査せよ! 食べ物のゆくえ編
2015年10月16日 発売!

小説を読む方へ

克太タツミ

Author:克太タツミ
小説目録およびカテゴリ中の各タイトルからどうぞ。

いいなと思ったら応援お願いします
にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村

最新記事

カウンター