小説目録

※この記事は常に一番上に表示されます。

キス・イン・ザ・ダーク(400字詰換算300頁)
ゴーレムでありながら狂戦士ベルセルクルの魂を秘めたアールと、見習い魔導師レダによる冒険物語。アールの殺戮本能を御するものとはいったい…
キス・イン・ザ・ダーク 2(400字詰換算195頁)
ゴブリンの種族間戦争に巻き込まれたエドゥラの町で、レダとアールは離ればなれに。アールの狂戦士化を恐れるレダと、アールに異なるものを感じた尼僧ソフィとの果てに待つものは…
刻印のフィアンセ(400字詰換算214頁)
胸元の刻印を一族の者以外に見られたら、相手を殺すか結婚しなければならない!掟を守ると誓い冒険に出たキアラだったが、僅か3日目に金髪の青年アルフォンソに沐浴を見られて…
女神、砂漠に萌え(400字詰換算557頁)
人から女が生まれなくなった世界。女を手にする唯一の方法は、百種樹に生る女神を狩ることだった。元剣闘士ヒースは特別な力を秘めた女神エレモと出会い、歪んだ世界の謎に迫るが…
META〔L〕(400字詰換算366頁)※2000年に執筆した作品の校正版です。
人が機械化する奇病が蔓延する世界。ゴバンはドナーとなる白痴の肉体を生む果実を狩って生活していた。だが新たに見つけた少女タイプのドナーには、信じ難い戦闘能力と殺人衝動が…
流刑天使(400字詰換算1243頁)
外界から閉ざされた甲殻都市で育ったジェスは、かつて恋人と共に天界を目指し、その廉で流刑地へと送られた過去を持つ。重い潜水服を着込み、サルベージに従事する日々。そんな男社会にやってきた新入り流刑者は、一見すると少女のように美しい元天使だった。
小天使特攻戦奇譚(400字詰換算337頁)※2006年に執筆した作品の校正版です。
肉体から小天使を飛翔させ、敵直上から急降下爆撃を行うツチ族の存在は、従来の戦争を一変させた。戦時中に数々の武勲を上げながら全滅した女性部隊『スィーツ』唯一の生き残りであり、最高の兵器でもある少女ニコルの近代異聞。
逢魔のキロク(400字詰換算484頁)
健康だけが取り柄の猫好き女子高生巴は、不思議な黒猫に誘われて逢魔郷に迷い込む。成仏を拒み、死すらも諦めない霊魂達の世界で、元飼猫のテブクロ、自らの生命力を具象化した女戦士のようなカゲ、成仏を司る逢魔郷の番人キロクと共に現世を目指すが…
ドラゴンミストレス(400字詰換算365頁)
女ドラゴンマスターを目指す少女セリのドラコニア学園での奮闘記。一見して平和そうに思えた学園生活の裏では学生の失踪事件が相次ぎ、遠方では暗殺事件をきっかけとして、王国にも戦争の影が忍び寄っていた…
アンダークラウド(400字詰換算657頁)
雲海船で貿易商人を営むウォードは、雲下より浮かび上がってきた謎の少女を拾う。少女は世界に数少ない超弩級艦のコアであり、大陸国間の軍事バランスをも変える力を秘めていた。その時から、ウォードは世界を敵にしたコア争奪戦に巻き込まれていく。

独ソ電撃戦3度目

今度こそドイツ軍の勝利を――できればミンスクにたどり着きたいところですが果たして・・・

第3ターン終了時


ブレスト=リトフスク要塞は3ターンで陥落。ビャリストクは膠着。
北の第3装甲集団ですが、今回は中央に絞ってグロドノの南を抜けます。川と森の間ですね。
果たしてこれが吉と出るか凶と出るか・・・

第5ターン終了時


結局第3装甲集団はニェマン川を渡河し、ミンスクを牽制しつつウィルナを目指すことにしました。正面の地形が険しかったことと、ソ連側の守りも全体的に中央に寄ったためです。
南側では第2装甲集団の主力が膠着して苦戦中。
更に後方でもビャリストクとグロドノの包囲攻撃が失敗。
ドイツ軍に暗雲が立ちこめます。

第7ターン終了時


ところが第6ターンにビャリストク、グロドノが陥落して一気に光が差し込むと、第7ターンには北の第3装甲集団がウィルナを制圧します。中央への牽制が北の守りを薄くし、一気になだれ込んだ感じでした。
またバラノウィチも包囲攻撃によりこのターンで陥落。
第2装甲集団はそのバラノウィチをスルーし、ミンスクとスルーツクに圧力を加えるべく先行します。

なんとこの段階で勝利ポイントにおいてドイツ軍1VPリード。
実は今回のプレイではドイツ軍の損害が非常に少なかったことが理由としてありますが、いずれにせよドイツ軍がリードしたのはこのゲーム三度目の挑戦にして初めてのことです。

しかしだからこそ、慎重であるべきでした。

第8ターン ドイツ装甲師団を包囲するソ連戦車部隊


ソ連側にはまだ十分な戦車部隊が残されていました。それこそ迂闊にも飛び出してきたドイツ装甲師団を包囲し、壊滅させる程度には・・・

2:1の攻撃結果はDR。後退ですが、包囲されているため除去となります。
これによりソ連軍は3VPを獲得して逆転。再逆転をするにはミンスクかスルーツクの占領。或いは東への部隊突破が必用ですが、反撃部隊を捻出できたほどなので、当然最終ターンを持たせるだけの戦力は維持していました。

第8(最終)ターン終了時


スルーツクに手をかけたところで空しく終了です。


残念ながら今回もソ連軍の意外な固さを思い知らされましたが、ちゃんとVP差を考慮して行動してれば装甲部隊を先行させる必用はなかったし、勝てた戦いでしたね。
それでもミンスクに辿り着けたわけでもなく、ドイツ軍に厳しい印象は拭えませんでした。

ソ連側は裏返された部隊の効果(蹂躙不可)を利用しつつ、ほぼ攻撃に出る必用はありません。地形効果を得られる効果的な戦線を模索し、少しずつ下がっていければいいわけです。その際、移動力の高い戦車部隊の温存は必須。
つまりドイツ軍が勝つためには、それをさせないだけの消耗を強いる必用があります。
しかし今回、3度のプレイではそれができませんでした。

このゲームは低オッズでのリスクが低めなので、ドイツ側の攻撃をもっと大胆にすべきなのかも。
しかし低いとはいえリスクは確実にあり、損害はそのまま相手のVPになるので、やはり運も欲しいところです。

いずれにしろとことん簡単なルールながら、なかなか楽しい時間を過ごすことができました。

追記:なんでも装甲集団を集中運用するという攻略方法があるらしいですが、突き詰めた攻略や検証を楽しめるタチではないので、このゲームのリプレイ記事はこの辺で締めたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

きむらひろき最新刊書籍の御案内

学研まんが 科学ふしぎクエストシリーズ
人体迷宮を調査せよ! 食べ物のゆくえ編
2015年10月16日 発売!

小説を読む方へ

克太タツミ

Author:克太タツミ
小説目録およびカテゴリ中の各タイトルからどうぞ。

いいなと思ったら応援お願いします
にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村

最新記事

カウンター