小説目録

※この記事は常に一番上に表示されます。

キス・イン・ザ・ダーク(400字詰換算300頁)
ゴーレムでありながら狂戦士ベルセルクルの魂を秘めたアールと、見習い魔導師レダによる冒険物語。アールの殺戮本能を御するものとはいったい…
キス・イン・ザ・ダーク 2(400字詰換算195頁)
ゴブリンの種族間戦争に巻き込まれたエドゥラの町で、レダとアールは離ればなれに。アールの狂戦士化を恐れるレダと、アールに異なるものを感じた尼僧ソフィとの果てに待つものは…
刻印のフィアンセ(400字詰換算214頁)
胸元の刻印を一族の者以外に見られたら、相手を殺すか結婚しなければならない!掟を守ると誓い冒険に出たキアラだったが、僅か3日目に金髪の青年アルフォンソに沐浴を見られて…
女神、砂漠に萌え(400字詰換算557頁)
人から女が生まれなくなった世界。女を手にする唯一の方法は、百種樹に生る女神を狩ることだった。元剣闘士ヒースは特別な力を秘めた女神エレモと出会い、歪んだ世界の謎に迫るが…
META〔L〕(400字詰換算366頁)※2000年に執筆した作品の校正版です。
人が機械化する奇病が蔓延する世界。ゴバンはドナーとなる白痴の肉体を生む果実を狩って生活していた。だが新たに見つけた少女タイプのドナーには、信じ難い戦闘能力と殺人衝動が…
流刑天使(400字詰換算1243頁)
外界から閉ざされた甲殻都市で育ったジェスは、かつて恋人と共に天界を目指し、その廉で流刑地へと送られた過去を持つ。重い潜水服を着込み、サルベージに従事する日々。そんな男社会にやってきた新入り流刑者は、一見すると少女のように美しい元天使だった。
小天使特攻戦奇譚(400字詰換算337頁)※2006年に執筆した作品の校正版です。
肉体から小天使を飛翔させ、敵直上から急降下爆撃を行うツチ族の存在は、従来の戦争を一変させた。戦時中に数々の武勲を上げながら全滅した女性部隊『スィーツ』唯一の生き残りであり、最高の兵器でもある少女ニコルの近代異聞。
逢魔のキロク(400字詰換算484頁)
健康だけが取り柄の猫好き女子高生巴は、不思議な黒猫に誘われて逢魔郷に迷い込む。成仏を拒み、死すらも諦めない霊魂達の世界で、元飼猫のテブクロ、自らの生命力を具象化した女戦士のようなカゲ、成仏を司る逢魔郷の番人キロクと共に現世を目指すが…
ドラゴンミストレス(400字詰換算365頁)
女ドラゴンマスターを目指す少女セリのドラコニア学園での奮闘記。一見して平和そうに思えた学園生活の裏では学生の失踪事件が相次ぎ、遠方では暗殺事件をきっかけとして、王国にも戦争の影が忍び寄っていた…
アンダークラウド(400字詰換算657頁)
雲海船で貿易商人を営むウォードは、雲下より浮かび上がってきた謎の少女を拾う。少女は世界に数少ない超弩級艦のコアであり、大陸国間の軍事バランスをも変える力を秘めていた。その時から、ウォードは世界を敵にしたコア争奪戦に巻き込まれていく。

遅すぎるし橋は遠すぎるし

調子に乗って『スモレンスク攻防戦』と2in1のゲーム、『マーケットガーデン作戦』もプレイしてみました。CMJ版の方です。
なお、今回のプレイは初見のものではありません。

このゲームではタイトルにもなっている空艇作戦の実施が2~5ターン(9月中旬~10月中旬)までのランダム。ドイツ軍側に秘匿された状態で始められます。
とはいえソロプレイへの障害はあまりないと思います。

今回は第4ターン(10月初旬)に決まりました。(ちなみに史実は9月17日)
全6ターンなのでちょっと遅いです。

ゲームはドイツ軍の潰走から始まります。映画『遠すぎた橋』でもお馴染みのプロローグ。
特別ルールでドイツ軍はフランス国内ではZOCを持たないため、戦略移動を使って全力で撤退します。
一刻も早くマース川、ジークフリート(要塞)線まで下がって守りを固めないと、連合軍機甲部隊の突破力がかなりヤバいのです。(初見プレイ時にはそれを怠り、アルデンヌの森から一気にライン川まで突破されるという恐ろしい思いをしましたから)

ただしアントワープやスヘルデ河口はVP以上の意味があるので、そこそこの戦力で守る必用があります。その『そこそこ』が悩み所なのですが・・・

第2ターン終了時


「米英でスヘルデ攻めたら早いんじゃね?」と思って今回は荒技に出てみました。
マップの下半分に全く連合軍部隊がいないのはどうかと思ったけど。(いいのか?)
こんな状況を総統に見せたら、まとめて一気に包囲できると勘違いしてしまうかもしれません。

そんなこんなで第4ターン
史上最大の空挺作戦が実施されます

※混乱(裏返し)ユニットは降下直後に表に返されます。

今回は史実より少し南東に3個空挺師団が降下。マーケットが開きます。
ガーデン作戦の方は前回からの流れで必然的に米軍が担当することに。この世界ではどんな政治取引があったのでしょうか・・・

画像外では英軍が相変わらずスヘルデ河口の制圧を続けていますが、補給不足のため攻めは低調。
ちなみにスヘルデ一帯を確保すると1VPを得られますが、それ以上に連合軍の補給問題が一気に解決するメリットも。
とはいえゲーム自体6ターン(長くて7ターン)で終わってしまうので何とも――なので今は空挺作戦の方に話を戻しましょう。

このゲームでは空挺作戦実施後、プレイヤー手番が入れ替わります。
そのため続く第5ターンでは連合軍側が先手となり、先の空挺作戦実施から続けざまに移動攻撃ができるようになるのです。(凶悪)
また機甲突破のルールは『スモレンスク攻防戦』とは違い、非機械化ユニットのZOCを無視できます。(凶悪×2)

正直とんでもないと思いましたが、初見時に痛い目を見ているので今回はドイツ軍も固い守りで突破に備えています。(上画像参照)
奇しくもその部隊が第9、10SS装甲師団というのも、我ながらいい『引き』でした。

米軍は一部でライン川を渡河するも(場所は皮肉にも目的地ではないアルンヘム)、英第1空挺師団を救うまでには至らず。英国の精鋭達は続くドイツ軍の反撃で壊滅します。(-3VP)
一方でスヘルデ河口の掃討目指していた英軍はこのターンに目的を達成してVPを得るも、史上最大の空挺作戦の失敗を補うほどのものではありませんでした。

第6ターン連合軍プレイヤーターンにて投了


画像ではかなりの米軍部隊がライン川を越えていますが、これはゲーム的な勝ち点を目指した結果です。この後のドイツ軍プレイヤーターンで突出した5個機甲師団が壊滅する可能性すら(僅かながら)あり、現実的ではないと思います。
恐らく英第1空挺師団が壊滅した時点で作戦は中止となったことでしょう。

今にして思えばドイツ本国への防衛が整う前に、そして空艇作戦実施前に仕掛けるのもアリだった気がします。
ドイツ軍はスヘルデ河口にかなり『そこそこ』の部隊が封じ込めらていたので、その分本国の守りは薄くなっていたはずです。また早い段階ならドイツ軍の増援も損害に追いつかず、そのまま戦線崩壊もあり得たのではないかと。
どこか4ターンまで自重すべきという固定観念に縛られていたかもしれません。

いずれにせよ橋は遠すぎたようです。


初見時はどうかと思ったけど、今回はかなり楽しめました。
このゲームはドイツ側がちゃんと守れないとダメなゲームですね。それだけ手番変更と機甲突破のルールが凶悪で、現実の空艇作戦もこれほど影響力があればクリスマスまでに戦争を終わらせられたのではないかと思えたり。
そうならないための注意深い二線防御や予備の装甲部隊の配置ということでしょうか。
限られたユニットでそれをしなければならないため、ややパズル的な印象もありました。

歴史シミュレーションとして見ると『スモレンスク攻防戦』の方が好みでしたが、こちらはこちらでシチュエーションの違いを色々試したくなります。
古いゲームでもあり、CMJ版やその後に出たベスト版も絶版になってしまっているようですが、どちらも非常に楽しめました。

というか古いゲームのシステムの方が自分には合うんじゃないかと思えたりも・・・

関連記事
スポンサーサイト

きむらひろき最新刊書籍の御案内

学研まんが 科学ふしぎクエストシリーズ
人体迷宮を調査せよ! 食べ物のゆくえ編
2015年10月16日 発売!

小説を読む方へ

克太タツミ

Author:克太タツミ
小説目録およびカテゴリ中の各タイトルからどうぞ。

いいなと思ったら応援お願いします
にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村

最新記事

カウンター