FC2ブログ

小説目録

※この記事は常に一番上に表示されます。

キス・イン・ザ・ダーク(400字詰換算300頁)
ゴーレムでありながら狂戦士ベルセルクルの魂を秘めたアールと、見習い魔導師レダによる冒険物語。アールの殺戮本能を御するものとはいったい…
キス・イン・ザ・ダーク 2(400字詰換算195頁)
ゴブリンの種族間戦争に巻き込まれたエドゥラの町で、レダとアールは離ればなれに。アールの狂戦士化を恐れるレダと、アールに異なるものを感じた尼僧ソフィとの果てに待つものは…
刻印のフィアンセ(400字詰換算214頁)
胸元の刻印を一族の者以外に見られたら、相手を殺すか結婚しなければならない!掟を守ると誓い冒険に出たキアラだったが、僅か3日目に金髪の青年アルフォンソに沐浴を見られて…
女神、砂漠に萌え(400字詰換算557頁)
人から女が生まれなくなった世界。女を手にする唯一の方法は、百種樹に生る女神を狩ることだった。元剣闘士ヒースは特別な力を秘めた女神エレモと出会い、歪んだ世界の謎に迫るが…
META〔L〕(400字詰換算366頁)※2000年に執筆した作品の校正版です。
人が機械化する奇病が蔓延する世界。ゴバンはドナーとなる白痴の肉体を生む果実を狩って生活していた。だが新たに見つけた少女タイプのドナーには、信じ難い戦闘能力と殺人衝動が…
流刑天使(400字詰換算1243頁)
外界から閉ざされた甲殻都市で育ったジェスは、かつて恋人と共に天界を目指し、その廉で流刑地へと送られた過去を持つ。重い潜水服を着込み、サルベージに従事する日々。そんな男社会にやってきた新入り流刑者は、一見すると少女のように美しい元天使だった。
小天使特攻戦奇譚(400字詰換算337頁)※2006年に執筆した作品の校正版です。
肉体から小天使を飛翔させ、敵直上から急降下爆撃を行うツチ族の存在は、従来の戦争を一変させた。戦時中に数々の武勲を上げながら全滅した女性部隊『スィーツ』唯一の生き残りであり、最高の兵器でもある少女ニコルの近代異聞。
逢魔のキロク(400字詰換算484頁)
健康だけが取り柄の猫好き女子高生巴は、不思議な黒猫に誘われて逢魔郷に迷い込む。成仏を拒み、死すらも諦めない霊魂達の世界で、元飼猫のテブクロ、自らの生命力を具象化した女戦士のようなカゲ、成仏を司る逢魔郷の番人キロクと共に現世を目指すが…
ドラゴンミストレス(400字詰換算365頁)
女ドラゴンマスターを目指す少女セリのドラコニア学園での奮闘記。一見して平和そうに思えた学園生活の裏では学生の失踪事件が相次ぎ、遠方では暗殺事件をきっかけとして、王国にも戦争の影が忍び寄っていた…
アンダークラウド(400字詰換算657頁)
雲海船で貿易商人を営むウォードは、雲下より浮かび上がってきた謎の少女を拾う。少女は世界に数少ない超弩級艦のコアであり、大陸国間の軍事バランスをも変える力を秘めていた。その時から、ウォードは世界を敵にしたコア争奪戦に巻き込まれていく。

もう一度チャレンジしてみるも…

なかなか面白かったのでもう一度プレイしてみましたが、前回とさほど変わらない65VPで終了。でもギリギリの引き分けです!

前回は8ターンで全面撤退となりましたが、今回は何とか11ターンまで粘りました。
まぁ、あまり変わらないですけどね。

第11ターンのディエップ周辺(回復フェイズ前)


ディエップに関しては町に突入できただけ前回(そして史実)よりマシですが、ブルー海岸では町に突入した途端三方から蜂の巣にされる始末で、右側の水色ヘクスにいた敵を倒すので精一杯。一番手近な破壊目標である砲兵陣地にすら辿り着けませんでした。
ここは海岸から上がる場所が一辺しかなく、おまけに鉄条網付き。そのための1ユニットずつしか入れないのでキツいキツい。

ドイツ軍の行動はチットによって決まりますが、早めに展開されて壁を作られてしまうと、この2カ所はなかなかどうしようもなくなります。よくこの地に上陸しようと思ったなとボヤきたくなるぐらい。

一方でグリーン海岸の方は問題なく突破を果たし、レーダーサイト、砲兵陣地、そしてディエップ市街の発電所を破壊し、6VPを獲得。一番奥地まで侵攻して砲兵陣地を制圧した部隊は残念ながら時間切れ。作業半ばで撤退することになります。

画像の外では右側のオレンジ海岸から上陸したコマンド部隊がヘス砲台を破壊して5VPを獲得。
左側のイエロー海岸は史実通りのセットアップでプレイした結果、それでも割と粘って防衛線を擦り抜けるも、ゲッベルス砲台の守備隊に撃退されてしまいました。

最終的に時間切れギリギリの23ターンで全面撤退は完了。前述の通り65VPの引き分けに終わりました。


今回も厳しかったです。
ディエップ前面に関しては戦車部隊も上陸してくるので、砲撃で敵を混乱させて浸透するという理想を形にしたいところ。湾の対岸にいる沿岸防衛隊の存在もエゲツないので、可能なら射程を避けつつカジノから突入するのが良さそうです。(ストリートビューで見たらカジノは今も同じ場所にありました。右側の赤ヘクスの崖は崖というより城塞ですね)
とはいえ海岸は狭くて部隊で溢れかえるし、漂流して思った場所に上陸できなかったりするし、密集すればそれこそ蜂の巣だしと、水際は思うようにいかないことばかりです。

町に入れば敵の攻撃も緩まるので、早期にこれを果たせればゲーム的な勝利に近づけるのかなと思いますが、それもドイツ軍の反応次第か。
最悪ディエップ突入が厳しくても、ブルー、グリーンの突破次第で挽回は可能です。途中からディエップ前面での消耗を避け、両サイドのVP稼ぎのための時間を作るという考え方もあるかもしれません。いずれにせよどの地点も消耗とスピードの狭間で悩まされることになるでしょう。

全面撤退に入るとゲーム自体が少し作業的になり、それがターン数の半分以上を占めたりもしますが、ゲームのテンポは上がるので時間的には長くかかりません。損害を抑えつつ時間切れまでに撤収することはもちろん、輸送ポイントが減っていると脱出前に逃げ道が閉ざされるのではというダンケルク的なドキドキも味わえるという寸法です。

そんなわけで爽快感にはほど遠いかもしれませんが、負け戦のカタルシスが味わえる人にはオススメのソリティアゲームです。

関連記事
スポンサーサイト

きむらひろき最新刊書籍の御案内

『まこみっくがくえん』 きむらひろき
『まんがライフMOMO』3月号にて掲載!

小説を読む方へ

克太タツミ

Author:克太タツミ
小説目録およびカテゴリ中の各タイトルからどうぞ。

いいなと思ったら応援お願いします
にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村

最新記事

カウンター