小説目録

※この記事は常に一番上に表示されます。

キス・イン・ザ・ダーク(400字詰換算300頁)
ゴーレムでありながら狂戦士ベルセルクルの魂を秘めたアールと、見習い魔導師レダによる冒険物語。アールの殺戮本能を御するものとはいったい…
キス・イン・ザ・ダーク 2(400字詰換算195頁)
ゴブリンの種族間戦争に巻き込まれたエドゥラの町で、レダとアールは離ればなれに。アールの狂戦士化を恐れるレダと、アールに異なるものを感じた尼僧ソフィとの果てに待つものは…
刻印のフィアンセ(400字詰換算214頁)
胸元の刻印を一族の者以外に見られたら、相手を殺すか結婚しなければならない!掟を守ると誓い冒険に出たキアラだったが、僅か3日目に金髪の青年アルフォンソに沐浴を見られて…
女神、砂漠に萌え(400字詰換算557頁)
人から女が生まれなくなった世界。女を手にする唯一の方法は、百種樹に生る女神を狩ることだった。元剣闘士ヒースは特別な力を秘めた女神エレモと出会い、歪んだ世界の謎に迫るが…
META〔L〕(400字詰換算366頁)※2000年に執筆した作品の校正版です。
人が機械化する奇病が蔓延する世界。ゴバンはドナーとなる白痴の肉体を生む果実を狩って生活していた。だが新たに見つけた少女タイプのドナーには、信じ難い戦闘能力と殺人衝動が…
流刑天使(400字詰換算1243頁)
外界から閉ざされた甲殻都市で育ったジェスは、かつて恋人と共に天界を目指し、その廉で流刑地へと送られた過去を持つ。重い潜水服を着込み、サルベージに従事する日々。そんな男社会にやってきた新入り流刑者は、一見すると少女のように美しい元天使だった。
小天使特攻戦奇譚(400字詰換算337頁)※2006年に執筆した作品の校正版です。
肉体から小天使を飛翔させ、敵直上から急降下爆撃を行うツチ族の存在は、従来の戦争を一変させた。戦時中に数々の武勲を上げながら全滅した女性部隊『スィーツ』唯一の生き残りであり、最高の兵器でもある少女ニコルの近代異聞。
逢魔のキロク(400字詰換算484頁)
健康だけが取り柄の猫好き女子高生巴は、不思議な黒猫に誘われて逢魔郷に迷い込む。成仏を拒み、死すらも諦めない霊魂達の世界で、元飼猫のテブクロ、自らの生命力を具象化した女戦士のようなカゲ、成仏を司る逢魔郷の番人キロクと共に現世を目指すが…
ドラゴンミストレス(400字詰換算365頁)
女ドラゴンマスターを目指す少女セリのドラコニア学園での奮闘記。一見して平和そうに思えた学園生活の裏では学生の失踪事件が相次ぎ、遠方では暗殺事件をきっかけとして、王国にも戦争の影が忍び寄っていた…
アンダークラウド(400字詰換算657頁)
雲海船で貿易商人を営むウォードは、雲下より浮かび上がってきた謎の少女を拾う。少女は世界に数少ない超弩級艦のコアであり、大陸国間の軍事バランスをも変える力を秘めていた。その時から、ウォードは世界を敵にしたコア争奪戦に巻き込まれていく。

3度目のジュビリー #3

ここまで来ると撤収も視野に入れた逆算も必用になってきますが、さて・・・

市街地に突入してからのドイツ軍の反応は相変わらず鈍く、散発的な抵抗で時に英連邦軍部隊を削るものの、突然撤収モードに切り替わる程の損害に達することはなさそうです。
ドイツ軍としてはもはやルントシュテット元帥の助けを待つのみですが、しかし西方総軍司令部ではディエップの地図がなくてテンテコ舞いだとか…(ホントに?)

第12ターンまでのディエップでの進撃状況


この辺りはシステムで動かすドイツ軍のゲーム的な限界なのかもしれませんが、抵抗線を越えて市街地に突入された後の彼らの動きは緩慢で、ただその場に居るだけという状態に陥りやすくなっています。英連邦軍側がその気になれば好き放題暴れ回れそうですが、残念ながらディエップマップで12VP分の目標を破壊すると、どんなに損害が少なくても撤収モードに移行しなければなりません。
また『提案ルール』により、撤収モード以降ディエップでの破壊VPは得られなくなるとあります。

一定の成功を収めたら直ちに帰還せよとは何とも弱気なことです。
或いはゲーム的な調整なのかもしれませんが、しかし考えてみればVP制限に関してはあくまで『提案』なので…まぁ、相手を気にする必用もないソリティアというのもあるし、今回は無視することにしました。(せっかく突入できたし)

第14ターンまでのグリーン海岸での進撃状況


結果グリーン海岸では14ターンまで進撃を続け、破壊マーカーが足りなくなるほど暴れ回りました。コマンド部隊が破壊したヘス砲台と合わせ、計23VP獲得です。
このまま撤収すれば作戦的勝利も手堅い――そう思われたのですが、ちょっとした罠が待っていました。

第17ターン


敵陣奥深くまで進撃すればそれだけ撤収にも時間がかかります。またどの海岸も輸送能力が2~3ポイントと心許ない中、ブルー海岸も何とか利用したい――そんな思いから向かわせた部隊に悲劇が起こりました。

海岸までの途上、英連邦軍は十分強化された2つのドイツ軍を相手にせねばならず、特にピュイ(画像左端の町)にいたドイツ軍部隊は強力でした。一度は攻撃をしかけるも返り討ちに遭い、残り時間との兼ね合いで鎮圧は断念。激しい銃撃の中這う這うの体で狭い脱出口と鉄条網から逃げ出すしかなく、それをドイツ軍が次々に喰っていきます。また混乱した部隊は貼り付けとなり、一部の部隊が期限内に撤収できず捕虜になるという酷い有様でした。

思えばこのドイツ軍部隊は、ディエップへ向かわせないよう、囮の上陸部隊によって引きつけた相手でした…(前回参照)

結果77VPを獲得して戦術的勝利を得るも、終盤の消耗がなければ…といったところ。
損害による撤収モードへの移行こそなかったものの、1ステップロスの部隊は割と多かったように思います。その意味でマネージメントはこれまで以上にうまくいったものの、思った以上に(最後のミスを抜きにしても)損害は多かったのかもしれません。


――それでも過去2回に比べれば遙かにマシな結果を手にすることができました。
ただ個人的には、ディエップに浸透できないぐらいの方が色々と考えさせられて好きでした。情景も浮かぶし。
ゲーム的にも他で補えれば戦術的勝利は十分狙えると思いますし、チット運によるところは大きいものの、初見で感じた以上には展開のバリエーションもあると思います。
どの場合でも中盤以降作業化することはありますけど。

慣れれば格段にプレイも早くなるので、セットアップの手軽さも含めてトライ&エラーもあり。展開が気にくわなければささっと「なかったことに」すれば良いのですよ。それがソリティアの魅力でもありますから。

関連記事
スポンサーサイト

きむらひろき最新刊書籍の御案内

学研まんが 科学ふしぎクエストシリーズ
人体迷宮を調査せよ! 食べ物のゆくえ編
2015年10月16日 発売!

小説を読む方へ

克太タツミ

Author:克太タツミ
小説目録およびカテゴリ中の各タイトルからどうぞ。

いいなと思ったら応援お願いします
にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村

最新記事

カウンター