小説目録

※この記事は常に一番上に表示されます。

キス・イン・ザ・ダーク(400字詰換算300頁)
ゴーレムでありながら狂戦士ベルセルクルの魂を秘めたアールと、見習い魔導師レダによる冒険物語。アールの殺戮本能を御するものとはいったい…
キス・イン・ザ・ダーク 2(400字詰換算195頁)
ゴブリンの種族間戦争に巻き込まれたエドゥラの町で、レダとアールは離ればなれに。アールの狂戦士化を恐れるレダと、アールに異なるものを感じた尼僧ソフィとの果てに待つものは…
刻印のフィアンセ(400字詰換算214頁)
胸元の刻印を一族の者以外に見られたら、相手を殺すか結婚しなければならない!掟を守ると誓い冒険に出たキアラだったが、僅か3日目に金髪の青年アルフォンソに沐浴を見られて…
女神、砂漠に萌え(400字詰換算557頁)
人から女が生まれなくなった世界。女を手にする唯一の方法は、百種樹に生る女神を狩ることだった。元剣闘士ヒースは特別な力を秘めた女神エレモと出会い、歪んだ世界の謎に迫るが…
META〔L〕(400字詰換算366頁)※2000年に執筆した作品の校正版です。
人が機械化する奇病が蔓延する世界。ゴバンはドナーとなる白痴の肉体を生む果実を狩って生活していた。だが新たに見つけた少女タイプのドナーには、信じ難い戦闘能力と殺人衝動が…
流刑天使(400字詰換算1243頁)
外界から閉ざされた甲殻都市で育ったジェスは、かつて恋人と共に天界を目指し、その廉で流刑地へと送られた過去を持つ。重い潜水服を着込み、サルベージに従事する日々。そんな男社会にやってきた新入り流刑者は、一見すると少女のように美しい元天使だった。
小天使特攻戦奇譚(400字詰換算337頁)※2006年に執筆した作品の校正版です。
肉体から小天使を飛翔させ、敵直上から急降下爆撃を行うツチ族の存在は、従来の戦争を一変させた。戦時中に数々の武勲を上げながら全滅した女性部隊『スィーツ』唯一の生き残りであり、最高の兵器でもある少女ニコルの近代異聞。
逢魔のキロク(400字詰換算484頁)
健康だけが取り柄の猫好き女子高生巴は、不思議な黒猫に誘われて逢魔郷に迷い込む。成仏を拒み、死すらも諦めない霊魂達の世界で、元飼猫のテブクロ、自らの生命力を具象化した女戦士のようなカゲ、成仏を司る逢魔郷の番人キロクと共に現世を目指すが…
ドラゴンミストレス(400字詰換算365頁)
女ドラゴンマスターを目指す少女セリのドラコニア学園での奮闘記。一見して平和そうに思えた学園生活の裏では学生の失踪事件が相次ぎ、遠方では暗殺事件をきっかけとして、王国にも戦争の影が忍び寄っていた…
アンダークラウド(400字詰換算657頁)
雲海船で貿易商人を営むウォードは、雲下より浮かび上がってきた謎の少女を拾う。少女は世界に数少ない超弩級艦のコアであり、大陸国間の軍事バランスをも変える力を秘めていた。その時から、ウォードは世界を敵にしたコア争奪戦に巻き込まれていく。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャンビットの行方 #1

古いゲームばかりで恐縮ですが、今回は『クラッシュ・オブ・ジャイアンツ(GMT)』の『タンネンベルク』をプレイしてみました。
ルールも簡単だし、戦史的にも好きなテーマなのになぜかプレイしたことがなかったので。



ざっくり説明すると、舞台は第一次世界大戦が始まったばかりの東部戦線です。
当時ドイツ軍は戦力のほとんどを西部に集中していたため、東部戦線には僅か1個軍がいるのみでした。動員の遅いロシアはすぐに来ないと踏んでいたんですね。
ところがそこに2倍以上の部隊が東と南から押し寄せてきて、さぁどーすんのっていう状況からゲームはスタートします。

この、幾つものピースが次々とハマって歴史的な逆転劇へ向かう独特な戦いを、これほどシンプルなルールで一体全体どうやって再現するのかと最初は疑問に思ったのですが、なるほど、確かに史実通りの促しというか、様々な仕掛けがあるようです。

第3ターン


史実同様、ドイツ第1軍団フランソワの命令無視がこの歴史的な戦いへの扉を開きます。
プロイセンの地をスラブ民族の靴で穢されることに我慢がならないフランソワは、プリトヴィッツの命令を無視してロシア軍に戦いを挑みます。
これはゲームにおいてもルール化されており、第4ターンまでに挑まないとサドンデス負け、もしくはもうひとつの重要な扉が開かないといったペナルティが与えられます。

もちろんこれはクリア。
下準備の際に他の部隊に被害が出るも、第1軍団は無傷。敵に損害を与えて一部退却させています。

想定外のタイミングでロシアと砲火を交える羽目になったとはいえ、プリトヴィッツは軍事的な才能で出世した将軍ではありませんでした。弱気になった彼は部下の言葉も聞かずにOHLに電話をかけ、東プロイセンの放棄を進言し、それが元で更迭されてしまいます。そしてその後釜として選ばれたのが、後にドイツ国民の英雄となるルーデンドルフとヒンデンブルクの二人でした。
ゲームにおいても彼らの登場がドイツ第8軍の機動力に影響を与え、言わばギャンビット完成のためのもう一つの扉となります。

このゲームでは軍ごと(+第1軍団)の移動力がターンごとにサイコロで決められるのですが、レンネンカンプのロシア第1軍は歩兵部隊に損害が出ると、それ以降機動力が著しく低くなります。その意味でもフランソワの命令無視はその状況作りに最適です。今回、実際に敵歩兵部隊に損害を与えることができたので、もうこれ以上こちらでは戦いを仕掛ける必用はありません。逃げます。

放っておいてもレンネンカンプ軍の移動力は50%の確率で1か2。仮に4になったとしても、騎兵スクリーンをうまく利用することで前進をある程度阻むことができます。そのため騎兵部隊は重要です。仮に失うリスクがあるにしても、敵の騎兵により高いリスクを求めたいところです。

また第5ターン以降はこの戦いの影にして最大の功労者マックス・ホフマンの無線傍受が再現され、ロシア2個軍のどちらかの移動力を事前に知ることができます。例えば第1軍の移動力を知っておけば、更に安全にレンネンカンプの西進を遅らせることができるわけです。

ドイツの第1軍団はこのゲーム最強なので、うまくすればレンネンカンプ軍とがっぷり四つに戦うことはできてしまうかもしれませんが、今はサムソノフのロシア第2軍が南からひたひたと迫り、後方を脅かさんとしています。
第5ターンから鉄道移動が可能になるので、フランソワにはその最初の切符で南を目指してもらいましょう。

第7ターン


そんなわけでやってきました。タンネンベルクの南。
サムソノフ軍が思いの外進みが遅かったので先に始めちゃっていますが、果たしてこれが正解だったのかどうか・・・

南からドイツ軍を挟撃すべく強行軍を続けてきたサムソノフのロシア第2軍は最初の段階からかなり部隊がバラけています。
相手の移動次第では集結前の敵を各個撃破できそうな気もしますが、今回はドイツ第8軍の動きも速いとはいえず、先に仕掛けはしたもののサムソノフ軍の戦力もだいぶ整ってきています。

今回は史実とは逆の第8軍の左翼に第1軍団を移動させました。(鉄道駅のある町と前線との距離の兼ね合いで)
もしかしたらより有効な迎撃ポイントがあるのかもしれません。今回はろくに考えてませんでした。

さて、ここでサムソノフ軍をギッタギタにして壊滅させ、返す刀でレンネンカンプ軍を叩けば歴史的大勝利を再現できますが果たして・・・

長くなったので続きます。

関連記事
スポンサーサイト

きむらひろき最新刊書籍の御案内

学研まんが 科学ふしぎクエストシリーズ
人体迷宮を調査せよ! 食べ物のゆくえ編
2015年10月16日 発売!

小説を読む方へ

克太タツミ

Author:克太タツミ
小説目録およびカテゴリ中の各タイトルからどうぞ。

いいなと思ったら応援お願いします
にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村

最新記事

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。