小説目録

※この記事は常に一番上に表示されます。

キス・イン・ザ・ダーク(400字詰換算300頁)
ゴーレムでありながら狂戦士ベルセルクルの魂を秘めたアールと、見習い魔導師レダによる冒険物語。アールの殺戮本能を御するものとはいったい…
キス・イン・ザ・ダーク 2(400字詰換算195頁)
ゴブリンの種族間戦争に巻き込まれたエドゥラの町で、レダとアールは離ればなれに。アールの狂戦士化を恐れるレダと、アールに異なるものを感じた尼僧ソフィとの果てに待つものは…
刻印のフィアンセ(400字詰換算214頁)
胸元の刻印を一族の者以外に見られたら、相手を殺すか結婚しなければならない!掟を守ると誓い冒険に出たキアラだったが、僅か3日目に金髪の青年アルフォンソに沐浴を見られて…
女神、砂漠に萌え(400字詰換算557頁)
人から女が生まれなくなった世界。女を手にする唯一の方法は、百種樹に生る女神を狩ることだった。元剣闘士ヒースは特別な力を秘めた女神エレモと出会い、歪んだ世界の謎に迫るが…
META〔L〕(400字詰換算366頁)※2000年に執筆した作品の校正版です。
人が機械化する奇病が蔓延する世界。ゴバンはドナーとなる白痴の肉体を生む果実を狩って生活していた。だが新たに見つけた少女タイプのドナーには、信じ難い戦闘能力と殺人衝動が…
流刑天使(400字詰換算1243頁)
外界から閉ざされた甲殻都市で育ったジェスは、かつて恋人と共に天界を目指し、その廉で流刑地へと送られた過去を持つ。重い潜水服を着込み、サルベージに従事する日々。そんな男社会にやってきた新入り流刑者は、一見すると少女のように美しい元天使だった。
小天使特攻戦奇譚(400字詰換算337頁)※2006年に執筆した作品の校正版です。
肉体から小天使を飛翔させ、敵直上から急降下爆撃を行うツチ族の存在は、従来の戦争を一変させた。戦時中に数々の武勲を上げながら全滅した女性部隊『スィーツ』唯一の生き残りであり、最高の兵器でもある少女ニコルの近代異聞。
逢魔のキロク(400字詰換算484頁)
健康だけが取り柄の猫好き女子高生巴は、不思議な黒猫に誘われて逢魔郷に迷い込む。成仏を拒み、死すらも諦めない霊魂達の世界で、元飼猫のテブクロ、自らの生命力を具象化した女戦士のようなカゲ、成仏を司る逢魔郷の番人キロクと共に現世を目指すが…
ドラゴンミストレス(400字詰換算365頁)
女ドラゴンマスターを目指す少女セリのドラコニア学園での奮闘記。一見して平和そうに思えた学園生活の裏では学生の失踪事件が相次ぎ、遠方では暗殺事件をきっかけとして、王国にも戦争の影が忍び寄っていた…
アンダークラウド(400字詰換算657頁)
雲海船で貿易商人を営むウォードは、雲下より浮かび上がってきた謎の少女を拾う。少女は世界に数少ない超弩級艦のコアであり、大陸国間の軍事バランスをも変える力を秘めていた。その時から、ウォードは世界を敵にしたコア争奪戦に巻き込まれていく。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャンビットの行方 #2

『クラッシュ・オブ・ジャイアンツ(GMT)』の『タンネンベルク』その2です。
ちなみにこのゲームは『マルヌ』との2 in 1になっています。基本ルールは同じです。
そのうち続編(第一次イープルとガリチア)もプレイしたいです。

第10ターン


一時はサムソノフのロシア第2軍を史実同様壊滅させられるのではと思っていたのですが、気がつけばドイツ軍の消耗も激しく、フランソワの第一軍団が強力とはいえ厳しくなってきました。
強行軍を続けてきたサムソノフ軍も相当厳しいはずで、実際ゲームでも1回の補給切れで著しく能力が落ちるようにはなっているのですが、そもその状況に持っていくことすらうまくできません。部隊の数が足りないのです。

今思えばケーニヒスベルクの要塞地帯はもっと少ない部隊で守れたと思うので、南下させる部隊をもっと増やすべきだったし、数が多ければサムソノフ軍を北と西から挟み込むような攻め方もできたかもしれません。ちょっとサムソノフ軍ナメてました。

レンネンカンプのロシア第1軍は導火線をゆっくりと進む火種のごとく、着実にケーニヒスベルクへ迫っています。
実質足止めに利用しているのは騎兵部隊ぐらいなので、ますます南下させる部隊をケチったことが悔やまれます。史実を意識していながら、史実の大胆さに欠けていました。

第12ターン


もはや限界とばかり、フランソワの第一軍団がサムソノフ軍からの離脱を図っています。
他の部隊も後退しつつ、せっかく奪ったVPヘクスだけはどうにか守りたいところ。

第15(最終)ターン終了時


もちろんそんな状態ではサムソノフの第2軍を壊滅させることなどできるはずもなく、それどころか下手したらこの先包囲されるんじゃないのという状態でフィニッシュ。かろうじてVPヘクスを守るのが精一杯でした。
まだこの先も続けるとしたら、ドイツ軍は前線を少し下げる必用があるかもしれませんね・・・

正直サムソノフ軍が予想以上に強かったです。第一軍団なしではドイツ軍の側面は完全に崩壊するんじゃないかなとか。

ドイツ軍は最初から15VPを持ってプレイが開始されるため、一応トータル14VPでドイツ軍の勝利となりましたが、全く勝った気がしないというのが正直なところです。
恐らく史実における劇的さが微塵もなかったからだと思いますが、大胆さを欠いた時点で凡庸な展開になるのは必然だったのかもしれません。

それでもゲーム的にはドイツ軍の勝利となってしまったところをみると、ロシア軍――特にサムソノフ軍はVP獲得のためもっと攻撃的でなければいけなかったし、それに応える意味でのフランソワの鉄道移動があって、その先に大逆転が生まれ得るバランスだったのかも。

移動力の出目にもだいぶ左右されそうですが、より戦場が流動的になる仕掛けに乗っかっていかないと――つまりそれができなかった時点で、今回のプレイはギャンビットですらなかったということか・・・

タイトルに偽りありでした。

関連記事
スポンサーサイト

きむらひろき最新刊書籍の御案内

学研まんが 科学ふしぎクエストシリーズ
人体迷宮を調査せよ! 食べ物のゆくえ編
2015年10月16日 発売!

小説を読む方へ

克太タツミ

Author:克太タツミ
小説目録およびカテゴリ中の各タイトルからどうぞ。

いいなと思ったら応援お願いします
にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村

最新記事

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。