小説目録

※この記事は常に一番上に表示されます。

キス・イン・ザ・ダーク(400字詰換算300頁)
ゴーレムでありながら狂戦士ベルセルクルの魂を秘めたアールと、見習い魔導師レダによる冒険物語。アールの殺戮本能を御するものとはいったい…
キス・イン・ザ・ダーク 2(400字詰換算195頁)
ゴブリンの種族間戦争に巻き込まれたエドゥラの町で、レダとアールは離ればなれに。アールの狂戦士化を恐れるレダと、アールに異なるものを感じた尼僧ソフィとの果てに待つものは…
刻印のフィアンセ(400字詰換算214頁)
胸元の刻印を一族の者以外に見られたら、相手を殺すか結婚しなければならない!掟を守ると誓い冒険に出たキアラだったが、僅か3日目に金髪の青年アルフォンソに沐浴を見られて…
女神、砂漠に萌え(400字詰換算557頁)
人から女が生まれなくなった世界。女を手にする唯一の方法は、百種樹に生る女神を狩ることだった。元剣闘士ヒースは特別な力を秘めた女神エレモと出会い、歪んだ世界の謎に迫るが…
META〔L〕(400字詰換算366頁)※2000年に執筆した作品の校正版です。
人が機械化する奇病が蔓延する世界。ゴバンはドナーとなる白痴の肉体を生む果実を狩って生活していた。だが新たに見つけた少女タイプのドナーには、信じ難い戦闘能力と殺人衝動が…
流刑天使(400字詰換算1243頁)
外界から閉ざされた甲殻都市で育ったジェスは、かつて恋人と共に天界を目指し、その廉で流刑地へと送られた過去を持つ。重い潜水服を着込み、サルベージに従事する日々。そんな男社会にやってきた新入り流刑者は、一見すると少女のように美しい元天使だった。
小天使特攻戦奇譚(400字詰換算337頁)※2006年に執筆した作品の校正版です。
肉体から小天使を飛翔させ、敵直上から急降下爆撃を行うツチ族の存在は、従来の戦争を一変させた。戦時中に数々の武勲を上げながら全滅した女性部隊『スィーツ』唯一の生き残りであり、最高の兵器でもある少女ニコルの近代異聞。
逢魔のキロク(400字詰換算484頁)
健康だけが取り柄の猫好き女子高生巴は、不思議な黒猫に誘われて逢魔郷に迷い込む。成仏を拒み、死すらも諦めない霊魂達の世界で、元飼猫のテブクロ、自らの生命力を具象化した女戦士のようなカゲ、成仏を司る逢魔郷の番人キロクと共に現世を目指すが…
ドラゴンミストレス(400字詰換算365頁)
女ドラゴンマスターを目指す少女セリのドラコニア学園での奮闘記。一見して平和そうに思えた学園生活の裏では学生の失踪事件が相次ぎ、遠方では暗殺事件をきっかけとして、王国にも戦争の影が忍び寄っていた…
アンダークラウド(400字詰換算657頁)
雲海船で貿易商人を営むウォードは、雲下より浮かび上がってきた謎の少女を拾う。少女は世界に数少ない超弩級艦のコアであり、大陸国間の軍事バランスをも変える力を秘めていた。その時から、ウォードは世界を敵にしたコア争奪戦に巻き込まれていく。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリルはロマン

最近、本当に何十年ぶりかで初代ヤマトのTV版を見返しているのですが、思ってた以上にガチな対艦隊戦って少なかったんですね。となると初代のシナリオ数3本というのも致し方ないところか…(バラノドンとかネタにしかならなそうだし)

そんなわけで『アイアン・デブリ・システム』。
ウェブで制空戦に関する選択ルールが追加されていたので、艦載機が多く登場する七色星団のシナリオをもう一度遊んでみました。(前回のプレイでルールミスもあったことだし…)

選択ルールの追加により爆雷撃機(攻撃機)のみの行動がグッと厳しくなった反面、戦闘機の活用がより多岐にわたり重要度が増した感じがします。
とはいえドメル戦法を防ぐ手立てがないのは同じですけどね。

でも結局最後はドリルミサイル


今回はドメル戦法での爆雷撃がパッとしないばかりか、ブラックタイガーの追撃を受けてあっさり全滅。この辺りは選択ルールの導入によってガラリと変わりますね。
よりそれっぽく、戦闘機の護衛を付ける戦いが正解になりそうです。(1ユニットでも護衛の戦闘機がいて、なおかつ防御側であれば、システム的に爆雷撃機は守られます)

その後もガミラス軍は思うように手番が回らずに苦戦。おまけに頼みの綱である戦闘空母までが中破。危うく撃沈一歩手前までいきますが、どうにか重爆撃機を発艦。ドリルミサイルを波動砲発射口にぶち込むことに成功します。(上画像)

ヤマトは次のターンでドリルミサイルを逆回転させなければ大打撃は必至。実際、前回に引き続きヤマトは出目に嫌われます。
真田、アナライザーコンビの努力をあざ笑うように、なんと第3インパルスで唐突にターンが終了してしまい、またしてもドリルミサイルが大爆発!

ヤマトは損害判定でも出目に嫌われて計3W3P(中破)+艦橋被弾(古代達は大丈夫だったのでしょうか)。しかし生き残ってしまう辺りはさすがヤマトといったところか――というより、選択ルール『主人公補正』がなければ轟沈でした。

その後ガミラス軍は作戦を特攻に切り替えてデスラーへの忠誠を示そうとするも、ヤマトはどうにかマップ外へ脱出(出目は2)。勝利得点6:5でギリギリ地球防衛軍サイドの勝利と相成りました。


そんなわけで今回も楽しめましたが、反省点は選択ルール導入による艦載機運用の変化に対応できなかったことでしょうか。あと、この手のゲームはつい原作を追おうとしてしまいがちですが、最初にドリルミサイルという選択肢もアリなのかなと思ったりもしました。(博打感は強まりますが)

導入したハウスルール:特に説明書に書かれていなかったのですが(当たり前すぎて?)、ドリルミサイルが刺さっている時、及び爆発後は、波動砲を使用不可としました。また真田チットでも修理不可としています。

関連記事
スポンサーサイト

きむらひろき最新刊書籍の御案内

『まこみっくがくえん』 きむらひろき
『まんがライフMOMO』3月号にて掲載!

小説を読む方へ

克太タツミ

Author:克太タツミ
小説目録およびカテゴリ中の各タイトルからどうぞ。

いいなと思ったら応援お願いします
にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村

最新記事

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。