FC2ブログ

小説目録

※この記事は常に一番上に表示されます。

キス・イン・ザ・ダーク(400字詰換算300頁)
ゴーレムでありながら狂戦士ベルセルクルの魂を秘めたアールと、見習い魔導師レダによる冒険物語。アールの殺戮本能を御するものとはいったい…
キス・イン・ザ・ダーク 2(400字詰換算195頁)
ゴブリンの種族間戦争に巻き込まれたエドゥラの町で、レダとアールは離ればなれに。アールの狂戦士化を恐れるレダと、アールに異なるものを感じた尼僧ソフィとの果てに待つものは…
刻印のフィアンセ(400字詰換算214頁)
胸元の刻印を一族の者以外に見られたら、相手を殺すか結婚しなければならない!掟を守ると誓い冒険に出たキアラだったが、僅か3日目に金髪の青年アルフォンソに沐浴を見られて…
女神、砂漠に萌え(400字詰換算557頁)
人から女が生まれなくなった世界。女を手にする唯一の方法は、百種樹に生る女神を狩ることだった。元剣闘士ヒースは特別な力を秘めた女神エレモと出会い、歪んだ世界の謎に迫るが…
META〔L〕(400字詰換算366頁)※2000年に執筆した作品の校正版です。
人が機械化する奇病が蔓延する世界。ゴバンはドナーとなる白痴の肉体を生む果実を狩って生活していた。だが新たに見つけた少女タイプのドナーには、信じ難い戦闘能力と殺人衝動が…
流刑天使(400字詰換算1243頁)
外界から閉ざされた甲殻都市で育ったジェスは、かつて恋人と共に天界を目指し、その廉で流刑地へと送られた過去を持つ。重い潜水服を着込み、サルベージに従事する日々。そんな男社会にやってきた新入り流刑者は、一見すると少女のように美しい元天使だった。
小天使特攻戦奇譚(400字詰換算337頁)※2006年に執筆した作品の校正版です。
肉体から小天使を飛翔させ、敵直上から急降下爆撃を行うツチ族の存在は、従来の戦争を一変させた。戦時中に数々の武勲を上げながら全滅した女性部隊『スィーツ』唯一の生き残りであり、最高の兵器でもある少女ニコルの近代異聞。
逢魔のキロク(400字詰換算484頁)
健康だけが取り柄の猫好き女子高生巴は、不思議な黒猫に誘われて逢魔郷に迷い込む。成仏を拒み、死すらも諦めない霊魂達の世界で、元飼猫のテブクロ、自らの生命力を具象化した女戦士のようなカゲ、成仏を司る逢魔郷の番人キロクと共に現世を目指すが…
ドラゴンミストレス(400字詰換算365頁)
女ドラゴンマスターを目指す少女セリのドラコニア学園での奮闘記。一見して平和そうに思えた学園生活の裏では学生の失踪事件が相次ぎ、遠方では暗殺事件をきっかけとして、王国にも戦争の影が忍び寄っていた…
アンダークラウド(400字詰換算657頁)
雲海船で貿易商人を営むウォードは、雲下より浮かび上がってきた謎の少女を拾う。少女は世界に数少ない超弩級艦のコアであり、大陸国間の軍事バランスをも変える力を秘めていた。その時から、ウォードは世界を敵にしたコア争奪戦に巻き込まれていく。

モスクワ攻防戦(歴史群像付録)リプレイ 後編

冬来たる。

第7ターン終了時


ここから攻守は完全に入れ替わります。
凍結ターンにソ連軍が攻撃する場合、攻勢支援マーカーにより(冬場の攻撃の恩恵と併せて)戦闘比を2列有利にすることができます。また川も凍結して地形効果を失うため、反攻に転じたソ連軍にとっては良いことずくめ。

また仮にドイツ軍に余力があったとしても、ソ連軍はさほどリスクを恐れずどんどん攻めることができます。それもそのはず、彼らは仮に全滅となっても翌ターンにはマップ端から再登場できるいわばゾンビ部隊。冬装備すら持たないドイツ軍の貧相な余力など、あっという間に削っていくはず。

そしてこのまま一気に大潰走――かと思いきや…

第9(最終)ターン終了時


ソ連軍は勝敗判定ヘクスのひとつ、カリーニンを奪回するのが精一杯でした。

史実より深く進撃できたのもありますが、ドイツ軍はソ連の反攻が始まった段階で損害ポイントに余力がありました。特に中央の第4装甲集団にかなりの余力があったので、損害の激しい第2装甲軍、第3装甲集団で壁を形成して第4装甲集団を守るという、小手先感溢れる二線防御でソ連軍の反攻をしのぎきってしまったのでした。
また反攻後のソ連軍にとっては、損害を後退で処理しなければならないのも時に厄介だったかもしれません。

しかし改めてドイツ側の立場に立ってみると、第4装甲集団に余力が残るような戦いをしたことが、逆にモスクワへの進撃ペースを遅めた可能性もあります。
底オッズでも手数を増やし、モスクワ攻略失敗なら大潰走上等ぐらいのアグレッシブさを目指すべきだった――という考え方もあるでしょう。

ともあれ今回は7個中、6つの勝利判定ヘクスを確保したドイツ軍余裕の勝利です。
あくまでゲーム的な勝敗ということですけどね。


感想:
歴史雑誌の付録というレベルを超えて面白かったです。
前回のミッドウェイや日本海海戦もそれなりに楽しみましたが、今回はヘクスを使ったゲームということでより本格的な感じがするのが良いですね。
ユニットが薄いため掴みづらいといった不満は相変わらずあるものの、それでもコストパフォーマンスは非常に高いと思います。(『バルジの戦い』というソロプレイ専用のゲームも付いてます)

少し気になったのは、ドイツ軍のグループに関する制約が少ないため、本来デメリットになりそうなことがメリットになって、攻防共に自由すぎる部隊運用が為されてしまうことでしょうか。
恐らく歴史雑誌の付録ということで、ルールやユニット量を増やせない等の事情があるのかもしれません。

そういったことも踏まえ、次にプレイする時には以下のルールを付け加えて遊んでみようかと思っています。

・複数グループのユニットが同一の戦闘に参加する場合、1つを主力として設定し、主力以外のグループユニットの戦力を-1にする。(主力グループは参加グループの中で一番ユニット数が多いか、少なくとも同数であること)
・またその際に受けた損害は全て主力グループが担う。
・累積損害数が8に達しているグループがDEを被った場合、2ヘクス後退ではなく全滅とする。
・凍結ターンにおいてソ連軍がA1を被った場合、1ユニット(任意)を全滅させることで後退を無視することができる。


まともに機能するかどうかは分かりませんが、これもアナログゲームならではの楽しみということで。

関連記事
スポンサーサイト

きむらひろき最新刊書籍の御案内

『まこみっくがくえん』 きむらひろき
『まんがライフMOMO』3月号にて掲載!

小説を読む方へ

克太タツミ

Author:克太タツミ
小説目録およびカテゴリ中の各タイトルからどうぞ。

いいなと思ったら応援お願いします
にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村

最新記事

カウンター